地球の雑学クイズ⑩アルミニウムでできた1円玉の製造コストは?

地球の雑学クイズ

地球上で起きていることには実はよくわからないことがいっぱい。雑学総研さんの『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(KADOKAWA)で、理系雑学の達人を目指しましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

アルミニウムでできた1円玉の製造コストは、原材料費込みの原価でどれくらい?

  • 約50銭(0.5円)
  • 約1円
  • 約2円
約2円

【ポイント】
現在アルミニウムは、その鉱石であるボーキサイトから酸化アルミニウムを抽出し、電気分解することで得られる。そのため、アルミニウムをつくるには大量の電気が必要で、たとえばアルミ缶1個分をつくるのに消費する電力は300ワット。これは20ワットの蛍光灯を約15時間点灯させるエネルギーに相当する。また、重さ1グラムの1円硬貨は、アルミニウム100パーセントでつくられている。そのため、1円硬貨の製造コストは原料費込みの原価で約2円と、1円よりも高くつくことになってしまうという。

参照元:『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(雑学総研著、KADOKAWA)

次の問題:
地球の雑学クイズ⑪南極の氷が全部溶けたらどうなる?

書籍情報

人類なら知っておきたい 地球の雑学 (中経の文庫)

人類なら知っておきたい 地球の雑学 (中経の文庫)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥864 (2018年8月30日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る