世界史「その後」の謎クイズ⑨最新の研究でわかったツタンカーメンの死因は?

誰も書かなかった 世界史「その後」の謎クイズ

誰もが知る歴史上の出来事には知られざる“後日談”があります。雑学総研さんの『誰も書かなかった 世界史「その後」の謎』(KADOKAWA)で歴史通を目指しましょう!

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

エジプト第18王朝末期の少年王ツタンカーメンの墳墓が発掘され、そのミイラの研究が続けられているが、その結果わかった直接の死因は?

  • 他殺
  • 病気
  • 自殺
病気

【ポイント】
1922年に発掘されたツタンカーメンの墳墓からは、玉座や黄金の像、船の模型など、きらびやかなファラオの財宝が見つかった。ほぼ完全な形で残っていたツタンカーメンのミイラは、研究上重要なものとされ、その死因を特定する意図を持ち合わせて、たびたび切り刻まれることになった。X線検査や、骨のサンプルを取っての血液型検査、CTスキャンなどによる研究などが行われており、2009年にはエジプトの研究チームがその骨を削りDNAを調べている。このときの調査から、彼がケーラー病(足の骨の一部が、血液の循環障害によって痛み、壊死を起こす病)にかかっており、また直接の死因はマラリアであるらしいこともわかっている。

参照元:『誰も書かなかった 世界史『その後』の謎』(雑学総研著、KADOKAWA)

最初の問題へ戻る:
世界史「その後」の謎クイズ①アメリカ大陸を「発見」した後、コロンブスは何度航海に出た?

書籍情報

誰も書かなかった 世界史「その後」の謎 (中経の文庫)

誰も書かなかった 世界史「その後」の謎 (中経の文庫)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA/中経出版
販売価格:¥702 (2018年10月11日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る