日本史「その後」の謎クイズ④平賀源内はどこで亡くなった?

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎クイズ

誰もが知る歴史上の出来事でも、なかなか知ることができないのが「その後」。雑学総研さんの『誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全』(KADOKAWA)から、とっておきのエピソードを学びましょう!

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

日本初の物産展を催し、エレキテルを復元・製作するなど、天才の名をほしいままにした平賀源内だが、亡くなったのは意外な場所であった。それはどこ?

  • 修行寺
  • 料理茶屋
  • 獄中
獄中

【ポイント】
源内の出身地である高松藩の家老・木村黙老が著した『聞まゝの記』によれば、1779(安永8)年11月に事件は起きた。ある大名の別荘を修理する際、見積りに関して仲間の男と源内の意見は対立していたが、何とか普請計画書はまとまった。その夜2人は源内の家で酒盛りをするが、翌日源内が目を覚ますと計画書がない。「あの男が盗んだに違いない」と憤った源内は、逆上し、仲間の男を切りつけてしまう。だが、計画書はその後見つかり、源内の誤解だったことが判明。源内は切腹しようとしたが死に切れず、役人に捉えられて小伝馬町の獄舎に連行され、同年12月、破傷風がもとで獄中死した。

参照元:『誰も書かなかった 日本史「その後」の謎』(雑学総研著、KADOKAWA)

次の問題:
日本史「その後」の謎クイズ⑤マニラに追放された後、高山右近はどうなった?

書籍情報

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥1,296 (2018年11月9日時点の価格)

書籍情報

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎 (中経の文庫 ざ 1-2)

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎 (中経の文庫 ざ 1-2)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥702 (2018年11月9日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る