飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ⑫囲碁の碁石は白と黒、どちらが大きい?

飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ

場を盛り上げるのにぴったりなのが、誰でも楽しめる雑学ネタ。博学総研さんの『大人の博識雑学 1000』で、ついつい誰かに話したくなる雑学ネタを仕込みましょう!

次の説明が正しければ〇、誤っていれば×を選んでください。

囲碁の碁石のサイズは、白が黒より少し大きい。

囲碁の碁石のサイズは、白が黒より少し大きい。
  • ×
×

【ポイント】
囲碁の碁石のサイズは、白と黒でほんのちょっと異なっている。白が直径21.9ミリ、黒が直径22.2ミリと、黒の方が0.3ミリ大きいのだ。また、厚みも黒の方が0.6ミリ程度厚い。このサイズの違いの理由は「色」にある。白は膨張色で黒は収縮色なので、並べると5%ほど白が大きく見える。そのため、同じサイズだと数が同じでも白が優勢に見え、黒の人が不利に感じてしまう。同じくらいの大きさに見えるよう、白の碁石は黒より小さく作られているのだ。

参照元:『大人の博識雑学 1000』(雑学総研著、KADOKAWA)

次の問題:
飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ⑬眼鏡の「鼻あて」は日本人が発明した?

書籍情報

大人の博識雑学1000 (中経の文庫)

大人の博識雑学1000 (中経の文庫)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥907 (2018年11月27日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る