「英語の常識」、間違ってます クイズ③ water =「水」である

その「英語の常識」、間違ってます クイズ

学校で教わった英単語の意味や使い方が、実は間違っていた!? このクイズで、あなたの中の間違った常識をリセットしましょう。

次の説明について、合っていれば〇、間違っていれば×を選んでください。

waterの意味は「水」である。

waterの意味は「水」である。
  • ×
×

【ポイント】
waterの意味を突然尋ねられたら、ほとんどの人は反射的に「水」と答えるでしょう。でも、英語では「お湯」もwaterです。冷たいとは限らないのですね。従って、はっきり区別をつけるには、冷たい水はcold water、お湯はhot water、沸騰している熱湯はboiling waterと言わなければなりません。全部H2Oなんだから「水」でいいじゃないかと反論する方もいるかもしれませんが、お湯が欲しい場合は、Could I have a glass of hot water?と言わないと、冷たい水がやってくることになりかねません。普段からたくさんの映画を観たり、絵本や本を読んだりしていれば、こういったことは自然に身につきます。

参照元:『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』(繁村一義、酒井邦秀・アルク)

次の問題:
「英語の常識」、間違ってます クイズ④ Of course. =「もちろん」である

書籍情報

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

著者:繁村 一義
出版社:アルク
販売価格:¥1,728 (2018年11月29日時点の価格)

英語学習の人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る