おもしろ雑学クイズ⑧子どもでも「肩こり」になる?

おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!

この世には知っているようで知らないことがたくさんあります。本郷陽二さんの『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(三笠書房)で、知的好奇心を満たしましょう。

次の説明が合っていれば〇、間違っていれば×を選んでください。

子どもでも「肩こり」になる。

子どもでも「肩こり」になる。
  • ×

【ポイント】
なぜ肩こりになるのか、それを簡単に説明しましょう。体を動かすとき、筋肉は血液に含まれているブドウ糖と酸素を必要とします。いわば筋肉を動かすためのエネルギーです。ふだんの筋肉は、血液によって、このエネルギーを適度に補充しながら活動しています。ところが、長時間、同じ姿勢でいたりすると血液の流れが悪くなり、エネルギーがスムーズに補充されません。すると、筋肉に乳酸という物質がたまってしまい、これが肩こりの原因になるのです。肩こりというと、年をとった人を思い浮かべるかもしれませんが、子どもでも長い時間、同じ姿勢でいれば肩こりになります。肩こりは、首や肩を動かしたり軽い運動をすることによって、血液の流れをよくすれば、簡単に予防できます。

参照元:『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(本郷陽二著、三笠書房)

次の問題:
おもしろ雑学クイズ⑨コンタクトレンズを最初に考えた人は?

書籍情報

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

著者:本郷陽二
出版社:三笠書房
販売価格:¥734 (2019年1月31日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出合えないビジネスセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る