おもしろ雑学クイズ⑫ハトが首を前後に振って歩く理由は?

おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!

この世には知っているようで知らないことがたくさんあります。本郷陽二さんの『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(三笠書房)で、知的好奇心を満たしましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

ハトが首を前後に振って歩く、驚くべき理由とは?

ハトが首を前後に振って歩く、驚くべき理由とは?
  • リズムを取っている
  • 推進力を出すため
  • 目標物までの距離を測るため
目標物までの距離を測るため

【ポイント】
ハトが首を前後に振って歩くのには驚くべき理由が隠されています。その理由を説明する前に、まずはハトやニワトリの目の位置を思い出してみてください。目が頭の左右に付いていますね。これは、視野をできるだけ広くして、敵を早く発見するための進化の結果です。ところが、目が完全に左右に離れていると物を立体的に見られず、目標物までの距離がわかりづらくなります。片目をつぶってパソコンのキーボードを打とうとすると、なかなかうまくいかないのと同じことです。それではエサを食べるときに困るので、ハトやニワトリは歩きながら頭を前後に動かして片目に両目と同じ働きをさせ、物が立体的に見えるようにし、目標物までの距離を測っているのです。

参照元:『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(本郷陽二著、三笠書房)

次の問題:
おもしろ雑学クイズ⑬北極と南極、より寒いのはどっち?

書籍情報

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

著者:本郷陽二
出版社:三笠書房
販売価格:¥734 (2019年1月31日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集