パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ⑩(算数編)ジャンケンで勝つ確率が高いのは?

パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

子どもの疑問で素朴だけど手強いものだらけ。突然の「パパ、どうして?」「ママ、教えて」に向き合えるよう『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』(雑学総研編、KADOKAWA)から、とっておきの雑学ネタを仕込んでおきましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

統計的確率から考えてジャンケンで勝ちやすいのはグー、チョキ、パーのどれ?

統計的確率から考えてジャンケンで勝ちやすいのはグー、チョキ、パーのどれ?
  • グー
  • チョキ
  • パー
パー

【ポイント】
ジャンケンをする時、グー、チョキ、パーを出す確率は、小・中学校で習う「数学的確率(古典的確率)」によれば、それぞれ均等に3分の1(約33・3%)となる。しかし、実際にジャンケンを繰り返すと、不思議なことにそうはならない。じつは、確率にはもうひとつ「統計的確率(頻度論的確率)」と呼ばれるものがある。これは、実験や観察を何度も繰り返すことで、確率を割り出していく計算方法だ。この方法でグー、チョキ、パーを出す確率を計算すると、どんなにジャンケンを繰り返しても、それぞれ3分の1とはならないのだという。

数学者である桜美林大学の芳沢光雄教授が学生725人を集めて延べ1万1567回のジャンケンをしてもらったところ、グーが出る確率は35.0%、チョキが出る確率は31.7%、パーが出る確率は33.3%だったという。つまり、もっとも出す確率が高いのはグーで、次にパー、もっとも少ないのはチョキなのである。

グーが多いのは、人間は緊張すると手をギュッと握りしめるから、見知らぬ人に対する警戒心でこぶしを作るからといった心理学的な理由や、人間の手の構造上、グーがいちばん出しやすいといった身体的な特徴が理由に挙げられている。いずれにしても、この統計的確率から考えると、人とジャンケンする時は、「パー」を出せば勝ちやすいわけだ。

参照元:『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』(多湖輝監修、KADOKAWA)

次の問題:
パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ⑪(算数編)A判とB判、日本独自の規格は?

書籍情報

頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学

頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学

著者:多湖 輝 監修
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥1,296 (2019年3月27日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る