教養としてのウラ言葉トレーニング①独立しておらず、事務所に雇われている弁護士を何と呼ぶ?

大人の博識雑学トレーニング

どの業界にも特有の言葉があります。雑学総研さんの『なぜ犯人を「ホシ」と呼ぶのか?』(KADOKAWA)で、ウラ言葉(業界用語・隠語・造語など)の達人を目指しましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

独立しておらず、事務所に雇われている弁護士を何と呼ぶ?

  • イソ弁
  • ノリ弁
  • ノキ弁
イソ弁

【ポイント】
イソ弁とは「居候弁護士」を略した言葉で、弁護士のあいだではよく使われる隠語である。「ノキ弁」は、人の事務所(軒)を借りて仕事をしている弁護士のこと。ノキ弁はイソ弁と似たような立場といえるが、イソ弁が給料をもらう立場であるのに対し、軒を借りているだけのノキ弁が給料をもらう立場にないのはご想像の通りだ。

参照元:『なぜ犯人を「ホシ」と呼ぶのか?』(雑学総研著、KADOKAWA)

次の問題:
教養としてのウラ言葉トレーニング②「ガサを入れる」ってどういう意味?

書籍情報

なぜ犯人を「ホシ」と呼ぶのか? (中経の文庫)

なぜ犯人を「ホシ」と呼ぶのか? (中経の文庫)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥702 (2018年8月23日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る