日本史「その後」の謎クイズ⑮葛飾北斎は何歳で絵が「生けるがごとく」描けると考えていた?

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎クイズ

誰もが知る歴史上の出来事でも、なかなか知ることができないのが「その後」。雑学総研さんの『誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全』(KADOKAWA)から、とっておきのエピソードを学びましょう!

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

葛飾北斎は何歳で絵が「生けるがごとく」描けると考えていた?

  • 50歳
  • 70歳
  • 90歳
  • 110歳
110歳

【ポイント】
浮世絵師・葛飾北斎が代表作『富嶽三十六景』を描いたのは1831(天保2)年で、このときすでに72歳だった。さらに、同じく自身の代表作である『富嶽百景』を出版したのは1834(天保5)年のことで、このときは75歳。もうすぐ80を迎えようとしている頃、北斎は画業の頂点を迎えていたのである。このとき、北斎は以下のようなことを述べていた。「私は50の頃からしきりに絵を描いてきたが、70前に描いた絵は取るに足らないものである。73歳にして鳥や獣、虫、魚などの骨格、草木が成長するさまを描くことができるようになった。それゆえ、80になると悟りがますます進み、90歳にでもなればその奥義を極め、100歳にはまさに神業を得ているだろう。110歳には非の打ちどころもなく、生けるがごとく描けるだろう」。70代にして、北斎はなんと110歳の未来の自分を見据えていたのである。

参照元:『誰も書かなかった 日本史「その後」の謎』(雑学総研著、KADOKAWA)

最初の問題へ戻る:
日本史「その後」の謎クイズ①鎌倉幕府三代将軍・源実朝の後、「将軍」は何人いた?

書籍情報

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎大全

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥1,296 (2018年11月9日時点の価格)

書籍情報

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎 (中経の文庫 ざ 1-2)

誰も書かなかった 日本史「その後」の謎 (中経の文庫 ざ 1-2)

著者:雑学総研
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥702 (2018年11月9日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る