おもしろ雑学クイズ⑪イヌはなぜ、あごを床や地面につけて寝る?

おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!

この世には知っているようで知らないことがたくさんあります。本郷陽二さんの『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(三笠書房)で、知的好奇心を満たしましょう。

次の説明が合っていれば〇、間違っていれば×を選んでください。

イヌが、あごを床や地面につけて寝るのは、一番疲れを取りやすい姿勢だからだ。

イヌが、あごを床や地面につけて寝るのは、一番疲れを取りやすい姿勢だからだ。
  • ×
×

【ポイント】
イヌが、あごを床や地面につけて寝ているのは、敵や獲物の接近を察知するためです。地面や床は頑丈ですから、人や動物が歩いても簡単には沈みません。しかし、頑丈な分、微妙な振動が周囲に伝わります。イヌはこのかすかな振動をあごでキャッチして、それが敵なのか獲物なのかをいち早く判断しているのです。あごは硬い骨でできているため、かすかな振動でもしっかりと脳に伝えることができます。これを「骨伝導」といいます。足音を立てずに近づいたつもりでも、イヌはすぐに目を覚ましますね。これも、この骨伝導によるものです。寝ているときは骨伝導を利用して危険や獲物を察知するようにして、働きづめの耳や鼻を休ませているのです。

参照元:『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260』(本郷陽二著、三笠書房)

次の問題:
おもしろ雑学クイズ⑫ハトが首を前後に振って歩く理由は?

書籍情報

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260

著者:本郷陽二
出版社:三笠書房
販売価格:¥734 (2019年1月31日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集