経済学の名著クイズ②『雇用・利子および貨幣の一般理論』の著者は?

社会人なら知っておきたい!「経済学の名著」クイズ

「その本、名前は知っているけど……」で終わりがちなのが経済学の名著。蔭山克秀さんの『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』(KADOKAWA)で、それぞれどんな人物が書いた本なのか、確認していきましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936)の著者で「近代経済学の巨人」とも呼ばれているのは?

『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936)の著者で「近代経済学の巨人」とも呼ばれているのは?
  • ピケティ
  • ケインズ
  • ロック
ケインズ

【ポイント】
『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936)の著者であるジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)はイギリスの経済学者、官僚。それまでの一般性を欠く経済学に喝を入れ、その常識をくつがえした「ケインズ革命」のインパクトは大きい。

参照元:『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』(KADOKAWA)

次の問題:
経済学の名著クイズ③『企業とは何か』の著者は?

書籍情報

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

著者:蔭山克秀
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥1,620 (2019年2月22日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る