秋山 千佳あきやま ちか

ジャーナリスト/九州女子短期大学特別客員教授
秋山 千佳
1980年生まれ。東京都出身。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。記者として大津、広島の両総局を経て、大阪社会部、東京社会部で事件や教育などを担当。2013年に退社し、フリーに。九州女子短期大学特別客員教授。
著書に『実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実』(KADOKAWA)、『ルポ保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル』(朝日新書)、『戸籍のない日本人』(双葉新書)。
過去の主要寄稿先『文藝春秋』『ヤフーニュース特集』ほか。テレビ出演『ビビット』『報道ステーション』ほか。公式サイト:akiyamachika.com

講演テーマ

「子どもの貧困を考える」
「子どもの貧困・虐待・性のリアル」
「スクールセクハラ わいせつ教員の性暴力、その実態」
「保健室は『困っている子』を支える最前線」
「『困った子』の立ち直りに必要なこと」

講演ジャンル

ジャーナリズム社会問題

講演・研修実績

全国各都道府県、市町村教育委員会の研修会での講演多数
日本小児科医会など医療従事者向け講演多数
教員団体、市民団体などの講演多数
宮城教育大学、大阪教育大学、専修大学など大学での講義実績多数

新着記事

  • フェムテック

    【TikTok KADOKAWA大学】女性のデリケートゾーンの悩み「経血の量」

  • 忍者コラム

    【忍者の精神】今を生きる大人たちへの教訓を「忠誠心」

  • 英会話コラム

    【短い英語 講座】旅先や機内で使いこなしたい「Please」

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る