た〜は行の講師一覧

「法人向け研修・講演プログラム」の講師紹介ページです。企業様のさまざまなニーズ、主旨やテーマ、ご予算に合った講師をご紹介します。

1-15/49件中
  • 田尾 圭一郎たお けいいちろう

    CCC株式会社 「美術手帖」プロジェクトプランニング プロデューサー
    田尾 圭一郎
    美術出版社に入社後、「美術手帖」ユニットにてアートプロジェクトの企画、地域芸術祭の広報支援、雑誌・書籍の編集、展示企画などに携わる。主な取り組みに「美術手帖×VOLVO ART PROJECT」プロデューサー、「やんばるアートフェスティバル2017-2018」広報統括プロデューサー、「BIWAKO BIENNALE 2018」参加、「サバイブのむすびめ」企画など。主な執筆に、連載「手繰り寄せる地域鑑賞」(webメディア「ソトガワ美術館」)、連載「現代クリムト講座」(アプリ版「ぴあ」、「クリムト展」関連プロジェクト)。主な書籍に『スウェーデン/Sverige』(美術出版社)。主な寄稿に『アートシーンを支える』(勉誠出版)、『アート・イン・ビジネス』(有斐閣)。主な編集書籍に『ダークツーリズム拡張』『おおいたジオカルチャー』『KLIMT RELOADED』。2019年「インバウンド質の向上プロジェクト協議会」参加。「ネットTAM」ゲストアドバイザー。2020・21年度「メセナアソシエイト」調査研究助成。展示シリーズ「内にいて外。」を企画(2020年、「ART FOR THOUGHT」)。
    • 芸術
    • 地方創生
    • マネジメント
  • たかぎ こういちたかぎ こういち

    タカギ&アソシエイツ 代表/スタイルアドバイザー/コンサルタント(ファッション視点からの市場創造)/東京モード学園ファッションビジネス学科講師
    たかぎ こういち
    1952年、大阪生まれ。奈良県立大学中退。大阪で服飾雑貨卸業を起業。22歳で単身渡欧後法人化代表取締役就任、1997年香港に渡り1998年、現フォリフォリジャパングループとの合併会社取締役に就任。オロビアンコ、マンハッタンポーテージ、リモワ、アニヤ・ハインドマーチなど海外ファッションブランドをプロデュースし、日本市場の成功に導く。また、第1回東京ガールズコレクションに参画。米国の有名ファッション展示会「d&a」の日本窓口なども務めた。時代に沿ったブランディング、MD手法には定評がある。2013年にファッションビジネスのコンサルティング会社「タカギ&アソシエイツ」を設立。著書に『オロビアンコの奇跡』『超入門 日・英・中 接客会話攻略ハンドブック(共著)』(共に繊研新聞社)、『一流に見える服装術』(日本実業出版社)、『アパレルは死んだのか』(総合法令出版)などがある。
    • マネジメント
    • 経営
    • プレゼンテーション
  • 高口 康太たかぐち こうた

    ジャーナリスト
    千葉大学客員准教授
    高口 康太
    ジャーナリスト、千葉大学客員准教授。1976年生まれ。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。史上空前のペースで成長する中国経済を留学で目の当たりにし、その原動力となった民間企業、経営者、一人一人の中国人を追いかけるジャーナリストに転身。中国経済・企業を中心に、社会、文化、在日中国人社会など幅広い分野で取材を続けている。『プロトタイプシティ 深圳と世界的イノベーション』で2021年大平正芳記念賞特別賞を受賞。過去の主要寄稿先:『文藝春秋』『中央公論』『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『Newsweek日本版』『ヤフーニュース特集』ほか。テレビラジオの出演:「ワイド!スクランブル」「モーニングショー」(朝日放送)「報道1930」(TBS)「日経プラス10サタデー」(テレビ東京)「実感ドドド!」(NHK)ほか。
    • ジャーナリズム
    • 国際情勢
    • 経済
  • 高田 靖久たかだ やすひさ

    インフィニティイノベーション株式会社 代表取締役
    高田 靖久
    インフィニティイノベーション株式会社 代表取締役。元東芝ITコントロールシステム所属。20年間、飲食店・美容院向け顧客管理ソフト・顧客戦略支援ツールの企画・販売に携わる。入社数年は“売れない営業マン”だったが、その後「基本給の5分の1」を自己投資し、短期間で経営ノウハウを習得。それを顧客管理ソフトに組み込み、既存クライアントに提供したところ、売上拡大店が続出。そのノウハウを全国に伝えていきたいと、独立。飲食店や美容院を中心に、店の「顧客戦略立ち上げ支援」「販売促進サポート」を行なう。著書に、『お客様は「えこひいき」しなさい!』(KADOKAWA)をはじめ、『お客様が「減らない」店のつくり方』『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』(以上、同文舘出版)などがある。
    • 経営
    • 顧客満足
    • 営業力
  • 高橋 基治たかはし もとはる

    東洋英和女学院大学教授
    高橋 基治
    ロータリー財団大学院奨学生としてUniversity of San Franciscoにて英語教授法を修め、帰国後、出版社で留学カウンセラー、大学・大学院入試エッセー作成指導などを担当。数多くの欧米一流校への合格を支援。並行して、大学等の教育機関でさまざまなレベルを対象に英語を教え始める。現在は大学にて英語関連科目を指導。日本の中学・高校で学んだ英文法の知識を、いかに実務現場で適切に「丁寧度調整」を行いながら英語を使い分けていくか、その指導法に関心を持って研究に努めている。主な著書は、共著も含め70冊以上、中でも『マンガでおさらい中学英語』(KADOKAWA)はシリーズ累計22万部超のベストセラーとなっている。近年は、書籍執筆の他、講演・セミナーにも力を入れ、英語が生活言語でない環境で、自律した学習者になるためにどう学習意欲を高め、具体的に何をしたらいいのかの啓蒙活動に取り組んでいる。少しでも日本人英語学習者の手助けになればと、日々研究を怠ることなく自己研鑽にも励み、社会活動として(財)日本国際連合協会主催の国連英検アドバイザー及び国連英検特A級面接官を務める他、英語ナレーターとして声の活動にも携わっている。
    • 教養
    • 教育
    • コミュニケーション
  • 髙橋 雄介たかはし ゆうすけ

    中央大学理工学部教授
    中央大学水泳部監督
    髙橋 雄介
    1962年生まれ、東京都出身。現役時代はバタフライの選手として活躍。1986~91年の5年間、アメリカのアラバマ州立大学に留学。トップコーチとして名高いダン・ギャンブリン、ジョンティ・スキナー両氏から世界最新の科学的トレーニングを学ぶ。帰国後、中央大学水泳部コーチに就任。監督に就任後、前人未踏の11連覇を含むインカレ優勝15回。田中雅美や中村真衣、塩浦慎理ら日本新記録樹立者、オリンピック・メダリストなど、世界に通用するトップ選手を多数育成、日本オリンピック委員会強化スタッフも務める。さらに、つねに最先端をいく独自の水泳理論をベースに、老若男女問わず一般水泳愛好者に向けたプライベートレッスンなどを通じて、水泳の楽しさを広める活動も精力的に行っている。選手たちの持てる力を最大限に引き出すオリジナリティ豊かなコーチングには定評があり、水泳指導のみならず、経営者や指導者らに向けたビジネスコーチング、モチベーションアップの方法といったテーマの講演も行う。大学の講義も学生からの人気が高いことで有名。
    • スポーツ
    • コミュニケーション
    • コーチング
  • 高橋 洋一たかはし よういち

    嘉悦大学教授
    高橋 洋一
    (株)政策工房会長、嘉悦大学教授。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第1次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年『さらば財務省』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞。著書はほかに、『この数字がわかるだけで日本の未来が読める』(KADOKAWA)、『「消費増税」は嘘ばかり』(PHP新書)など多数。
    • 国際情勢
    • 経済
    • 政治
  • 高橋 克明たかはし よしあき

    「ニューヨークBiz 」発行人兼CEO
    Weekly Business News 代表取締役社長
    インタビュアー
    高橋 克明
    専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いもわからず、幼少時の「ニューヨークでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。翌年、ニューヨーク日系史上初となる日刊無料新聞「DAILY SUN NEWYORK」を創刊。7年連続売り上げ前年対比超え。2010年、現存する世界最古の邦字紙「週刊ビジネスニュース」買収。「NEW YORK ビズ!」に改名、新創刊。その後、デジタル版ニュースサイト「ニューヨークBiz!」を配信。2016年、ニューヨークへの事業進出を希望する企業、個人をサポートする事業部、ニューヨークでのイベントをコーディネートする事業部設立。現在はジャーナリストの視点から日米の文化相違、海外進出したい企業、個人などを対象にセミナー活動中。1000を超える著名人にインタビューした経験から見出した成功法則の講演会等も行っている。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」にて連載中の「New York摩天楼便り」は、3年連続「まぐまぐ大賞」 受賞。他、テレビ、ラジオ、雑誌等メディア出演多数。ブログ「New York摩天楼便り」は、ブログ人気村ニューヨーク部門4年連続第1位。
    • 国際情勢
    • 経済
    • キャリアアップ
  • 財部 誠一たからべ せいいち

    経済ジャーナリスト
    財部 誠一
    1956年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。同社退社後、3年間の出版社勤務を経て、フリーランスジャーナリストに。金融・経済誌への寄稿多数。政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」を主宰し、会員向けレポート「ハーベイロード・ウィークリー」では、取材したばかりの現場のレポートを提供し、多くの経営者に好評を得ている。2015年脳梗塞で倒れるが、リハビリを経て完全復帰。BS11「財部誠一の異見拝察」にて話題の人物へのインタビューを継続中。
    https://www.takarabe-hrj.co.jp/
    • 国際情勢
    • 経済
    • 政治
  • 竹井佑介たけい ゆうすけ

    社会投資家
    竹井佑介
    1980年7月11日、熊本県天草生まれ。北海道大学博士課程前期(専門は数学)修了。学費を稼ぐために元金3万円から投資をスタートし、2015年1月にはスイスショックにより1日で3500万円以上稼ぐ。現在はアメリカ、ロシア、フィリピンを中心に世界中に投資。稼いだお金の一部を 「教育格差を無くす」ため北海道家庭学校、manavee、DAREDEMO HEROはじめ国内外の教育施設へ寄付。2011年、投資を通して稼いだお金で社会に貢献する“社会投資家”を育成する「ミリオネアアカデミー」を設立。月収100万、500万、年3億円のトレーダーも輩出する日本最大規模の社会投資家を育成するオンラインスクールとなる。同年、美容室Real me(全国に8店舗)のビジネスを立ち上げるなど、実業家としても活躍中。2015年8月『The Money 7つの原則~私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた~』(サンクチュアリ出版)を発売しAmazonランキング4部門で1位。また、地元復興のため事業を起こし、婚活イベント、花火大会の支援、地元への寄付など地元貢献を称えられ11か月の審査の末、天皇陛下より2015年12月紺綬褒を受章する。
    • 投資
    • 生き方
    • 勝負論
  • 竹中 功たけなか いさお

    謝罪マスター
    危機管理コンサルタント
    広報マスター
    竹中 功
    1959年大阪市生まれ、同志社大学法学部法律学科卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。ワタナベエンターテインメント広報顧問、株式会社フェザンレーヴ取締役社長。大学卒業後、吉本興業株式会社入社、宣伝広報室を設立。『マンスリーよしもと』初代編集長。よしもとNSCを開校。心斎橋筋2丁目劇場、なんばグランド花月、渋谷∞(無限大)ホールなど多数の劇場を立ち上げる。沖縄映画「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」、香港映画「無問題」「無問題2」など映画を製作。「あなたの町に住みますプロジェクト」では東北六県を担当し、仙台、会津若松など多拠点居住しながら地方創生に動く。よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て2015年退社。現在は作家として謝罪関連から、広報、コミュニケーションの専門家としての出版も多数。講演会やセミナーを通してビジネス人材の育成や危機管理、広報、メディアリレーションなどに関するコンサルタント活動を行う。また2014年より法務省からの求めに応じ、刑務所での釈放前改善指導を行うなど、その活動は多岐にわたっている。
    • リスクマネジメント
    • マーケティング
    • コミュニケーション
  • 谷原 誠たにはら まこと

    みらい総合法律事務所代表パートナー/税理士
    谷原 誠
    【略歴】
    昭和43年  愛知県生
    平成6年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
    平成13年度 東京弁護士会常議員・代議員
    平成13年~平成24年 財団法人日本体操協会理事
    平成15年~ 社団法人日本新体操連盟理事
    平成21年 税理士登録
    平成20年~平成27年 アイ・アール債権回収株式会社 取締役
    • 交渉力
    • コミュニケーション
    • 話し方・伝え方
  • たぱぞうたぱぞう

    資産管理会社経営
    投資顧問会社アドバイザー
    たぱぞう
    2000年より投資を始める。2010年以降、米国株投資を中心に行う。2016年自らの投資観をブログにて書き始める。現在平均月間100万PV、海外投資に特化したブログとしては出色のPVを誇る。2017年より、某投資顧問業にてアドバイザーを務める。この間、日経マネー、日経ヴェリタス、ダイヤモンドZAI、ITmediaなどのメディアに複数回取り上げられる。「誰でもできる投資術」「誰でもわかる海外投資」をモットーに執筆中。「米国株を語る会」を開き、投資について語り合う場づくりをしている。
    blog:たぱぞうの米国株投資https://www.americakabu.com/
    • 投資
    • 国際情勢
    • 経済
  • 辻 直美つじ なおみ

    国際災害レスキューナース
    一般社団法人育母塾代表理事
    辻 直美
    国際災害レスキューナース。一般社団法人育母塾代表理事。看護師として活動中に阪神・淡路大震災を経験。実家が全壊したのを機に災害医療に目覚める。看護師歴30年、災害レスキューナースとしては26年活躍し、被災地派遣は国内20件、海外2件。被災地での過酷な経験をもとに、“本当に使えた”防災の「自衛術」を多くの人に知ってほしいと、大学や小中学校で教えるだけでなく、企業や一般向けの講座も行なっている。最近は企業に対しての防災コンサルタントとしても活動中。
    • 医学
    • 防災
    • 健康
  • 土田 浩翔つちだ こうしょう

    プロ雀士
    土田 浩翔
    1959年、大阪生まれ。小樽商科大在学中、第3期日刊スポーツアマ最高位戦で全国優勝。就職が決まっていたが、麻雀プロを目指す。1986年、日本プロ麻雀連盟のプロテストを受け、トップ合格。2006年、日本プロ麻雀連盟から独立、日本麻雀機構を創設し、理事長に就任。2007年、RMUに参加。2009年、麻雀アカデミー開講。東京と大阪で上級者、プロを育てる。2010年、RMUを退会。日本麻雀機構の一時休止を発表。2011年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会し、現在に至る。また、東京、札幌、大阪、博多、広島など全国各地で、打ち手のマナーを重視した麻雀教室を開講中。
    • 勝負論
    • 生き方
    • 自己実現

新着記事

  • 著者養育ゼミ

    ベストセラー作家・鬼塚忠の「著者養成ゼミ」第2期生募集開始

  • 俳句

    俳句界の名物編集者、初の俳句講座に参加者約100名集う

  • セミナーレポート

    稼げるだけじゃない! 幸せになれる「一人社長」のブランディング術とは?

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る