高口 康太たかぐち こうた

ジャーナリスト/千葉大学客員准教授
高口 康太
ジャーナリスト、千葉大学客員准教授。1976年生まれ。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。史上空前のペースで成長する中国経済を留学で目の当たりにし、その原動力となった民間企業、経営者、一人一人の中国人を追いかけるジャーナリストに転身。中国経済・企業を中心に、社会、文化、在日中国人社会など幅広い分野で取材を続けている。『プロトタイプシティ 深圳と世界的イノベーション』で2021年大平正芳記念賞特別賞を受賞。過去の主要寄稿先:『文藝春秋』『中央公論』『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『Newsweek日本版』『ヤフーニュース特集』ほか。テレビラジオの出演:「ワイド!スクランブル」「モーニングショー」(朝日放送)「報道1930」(TBS)「日経プラス10サタデー」(テレビ東京)「実感ドドド!」(NHK)ほか。

講演テーマ

「幸福な監視国家・中国 デジタル化と権威主義」
「プロトタイプシティ 深圳イノベーションの構造と歴史について」
「デジタル商人国家 中国のデジタルコマースの現状と課題」
「中国の民主化運動とテクノロジー」
「中国を変えた民間企業/スタートアップ」

講演ジャンル

ジャーナリズム国際情勢経済

講演・研修実績

経団連、内閣府、ビジネスブレークスルー大学三菱化学メディエンス、新社会システム総合研究所、相国寺、青山学院大学、大東文化大学、千葉大学ほか多数

新着記事

  • 小論文

    「小論文は問題解決である」ビジネスにも通じる、小論文指導のオキテ

  • フィギュアスケート

    フィギュア界の新旧エースが本音トーク! 宮原選手と有香コーチの素顔に迫る

  • 数学アプリ

    数式が現代アートに! 数学ビジュアライズの世界にブームの兆し

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る