財部 誠一たからべ せいいち

経済ジャーナリスト
財部 誠一
慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。
同社退社後、出版社勤務を経て現職。国内外の企業取材に定評があり、大企業だけでなく、中小企業も積極的に取材している。
テレビではテレビ朝日系「サンデープロジェクト」の経済特集を長年担当した。
著書に『京都企業の実力』(実業之日本社)、『ローソンの告白』(PHP研究所)など多数。最新刊は『冷徹と誠実 令和の平民宰相菅義偉論』(KADOKAWA)
取材レポート「ハーベイロード・ウィークリー」では、取材したばかりのレポートを提供、多くの経営者やビジネスマンに好評を得ている。

講演テーマ

「イノベーションの実践法」
「習うより慣れよ AIは実装する時代に」
「京都老舗企業のSDGs」
「デジタル化時代に持続可能な組織とは」
「日本の金融の未来予想図」
「日本企業とものづくり戦略の未来」
「トランプ政権とアメリカ経済」
「中国経済の未来を読み解く」
「GAFAはこれからどうなるか」
「日本はサービス業で生き残れるか」
「いま求められる日本の政策とは」 ほか

講演ジャンル

国際情勢経済政治教養投資

新着記事

  • 書籍紹介

    もはや他人ごとにできない!日本人なら知っておきたい「住まい」と「暮らし」のリアル

  • 注目書籍

    ライフスタイルがガラリと変わる!「無理なく続く投資の習慣」

  • 女医コラム

    【TikTok/KADOKAWA 大学】生理の悩み「ナプキンの選び方」

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る