安田 峰俊やすだ みねとし

ルポライター/立命館大学人文科学研究所客員協力研究員
安田 峰俊
1982年滋賀県生まれ。ルポライター。立命館大学文学部卒業後、広島大学大学院文学研究科博士前期課程修了(中国近現代史)。多摩大学経営情報学部講師を経て立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。2018年刊行の著書『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』が第50回大宅壮一ノンフィクション賞、第5回城山三郎賞を受賞。過去の主要寄稿先:『讀賣新聞』『時事通信』『京都新聞』『文藝春秋』『中央公論』『Voice』『週刊文春』『週刊新潮』『Sapio』『Newsweek日本版』『BBC(Chinese)』ほか。テレビ・ラジオ等:『正義のミカタ』(朝日放送)、『そこまで言って委員会』(読売テレビ)、NHKニュースほか。

講演テーマ

「天安門事件と2019年香港デモ」
「天安門事件と現代中国」
「ウイグル問題、中国少数民族問題」
「現代中国の秘密結社」
「「低度」外国人材 技能実習生、逃亡技能実習生の実像」
「中国vs世界 カナダ、アフリカ、南米などにおける中国の活動実態について」

講演ジャンル

ジャーナリズム国際情勢政治

講演・研修実績

<大学講義・講演>
多摩大学「現代中国入門」「中国語」講義担当(2012〜2017年)
立命館大学「観光学」「人文学特殊講義:作家・制作者と語る現代表現論」等ゲスト講義(2017年〜現在)
大阪経済法科大学「専門演習IIB 中国の少数民族問題」ゲスト講義(2018年)
亜細亜大学「現代アジアとキャリアデザイン」ゲスト講義(2015年)

<市民講座>
西宮東高校 木曜講座「天安門事件と香港デモ」(2019年)
立命館大学孔子学院 中国理解講座「中国史マンガの魅力を語る」(2019年)
静岡県立大学 ジャーナリズム公開講座「「香港と中国 大規模デモの根底にあるもの」(2020年)

<企業・法人講演>
(2011〜2012年)、花王(2012年) →中国のインターネット事情について
霞山会(2019年)、キヤノングローバル戦略研究所(2019年) →天安門事件について

他多数

新着記事

  • 自己肯定感

    自己肯定感を高めるために意識すべき行動をプロが解説!

  • 地方暮らし

    第1回 コロナ禍で変化していく新たなQOLとは

  • 昭和史

    世界を動かす、歴史を創る!日本式ダイナミズムの真実

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る