大木 毅おおき たけし

現代史家
大木 毅
1961年東京都生まれ。立教大学文学部卒業後、立教大学大学院博士後期課程(西洋史専攻)単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。『歴史と人物』(中央公論社)編集アシスタント、千葉大学その他の非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、国立昭和館運営専門委員、陸上自衛隊幹部学校(現教育訓練研究本部)講師を経て、現在著述業。2019年刊行の著書『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書)で新書大賞2020大賞を受賞。過去の主要寄稿先:『讀賣新聞』『歴史街道』『週刊文春』ほか。ラジオ等:『荻上チキ・Session22』(TBSラジオ、現『荻上チキ・Session』)ほか。

講演テーマ

「知られざる惨禍 独ソ戦とロシアの歴史認識」
「独ソ戦と独ソ不可侵条約」
「真珠湾攻撃とミッドウェイ海戦~何が分水嶺だったのか~」
「ナチズム外交と第二次世界大戦への道」

講演ジャンル

歴史

講演・研修実績

<大学講義・講演>
1994年、千葉大学法経学部非常勤講師(「国際政治史」担当)。
以後、筑波大学、横浜国立大学、明治大学、法政大学、日本大学、横浜市立大学ほかで非常勤講師を歴任。

<市民講座>
アジア記者クラブ「「独ソ戦と独ソ不可侵条約」(2020年)
慶應丸の内シティキャンパス「夕学五十講」「知られざる惨禍 独ソ戦とロシアの歴史認識」(2021年)

<法人>
自民党中央政治大学院「第一次世界大戦とアジア情勢」(2020年)

新着記事

  • 自己肯定感

    自己肯定感を高めるために意識すべき行動をプロが解説!

  • 地方暮らし

    第1回 コロナ禍で変化していく新たなQOLとは

  • 昭和史

    世界を動かす、歴史を創る!日本式ダイナミズムの真実

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る