松原秀行まつばらひでゆき

児童文学作家、フリーランスライター
松原秀行
1979年、福音館書店の月刊誌「子どもの館」に長編ファンタジー「竜太と青い薔薇」を連載開始。1983年、これを大幅改稿して単行本デビューする。その後雑誌ライターをつとめるいっぽうで児童書を書き続ける。1995年、講談社青い鳥文庫より長編ミステリー「パスワードは、ひ・み・つ」を刊行。以後「パスワードシリーズ」の名で32巻プラスnew番6冊を刊行して現在に至る。姉妹編として「レイの青春事件簿」(講談社YAエンターテインメント・全4冊)がある。青い鳥文庫にはまた、福音館版を全面改定したファンタジー「竜太と青い薔薇(上下)」および、続編の「竜太と灰の女王(上下)、「猫耳探偵まどか」が収録されている。その他の著書に「鉄研ミステリー事件簿」、「アルセーヌ探偵クラブ」(ともにKADOKAWAつばさ文庫)、「七つ森探偵団ミステリーツアー」(ポプラ社)、他作家との共著による短編集「笑い猫の5分間怪談」(アスキーメディアワークス)など。

講演テーマ

児童文学におけるミステリーとファンタジーについて。
面白パズルで遊んじゃえ!
指一本で「Y」をつくれますか?

講演ジャンル

文学クリエイティブ

講演・研修実績

青い鳥文庫のイベントほか、全国各地の図書館での講演やパズル大会。

新着記事

  • 絶滅危惧種

    身近な生き物が教えてくれる“人間社会と豊かさの本質”

  • 自己肯定力

    夢を叶える人は知っている!楽しみながら“ラッキー”を引き寄せる、セルフラブの本質

  • 英会話コラム

    【短い英語 講座】旅行先でタクシーを利用するとき

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る