クリエイティブの講師一覧

「クリエイティブ」に強い講師の一覧です。講演テーマや講演の特徴を紹介していますのでより目的にあった講師を探しましょう。

1-15/17件中
  • IDEAFULあいであふる

    アイデア収集家
    広告クリエイター
    IDEAFUL
    広告・プロダクト・アート・建築など業界問わず、日本人が知らないような世界の優れたアイデアをTwitterにポストしながら、嫉妬を肥やしにモチベーションを焚き付けるIDEAFUL。中の人は上海在住の広告クリエイターで、日本と中国で約15年のキャリアを持つ。「いいねされるアイデアには必ず理由がある」をモットーに、とにかく世界のアイデアを見て、聞いて、分析しまくる自他共に認めるアイデアオタク。フォロワー数はまもなく10万人(2021年9月現在)で、Twitter内の個人が運営するクリエーティブ情報系アカウントとしては最大級(だと思う)。

    ・Twitter
    https://twitter.com/ideafuls
    • アイデア
    • 広告
    • クリエイティブ
  • 鯵坂もっちょあじさかもっちょ

    数学のファン
    鯵坂もっちょ
    数学ライター&ブロガー。
    自ら「数学のファン」と名乗り、その数学の魅力をさまざまな切り口で伝える。グラフ描画アプリ「Desmos」を駆使した数式お絵かきを得意とする。また、大規模数学イベント「ロマンティック数学ナイト」では毎回ほかのプレゼンテーターとは一味違う、異彩を放ったプレゼンを武器とし、毎回拍手喝采となる。著書に『つれづれなる数学日記』、共著に『笑う数学』『笑う数学 ルート4』『数学のロマンが詰まった 夜も眠れないほど面白い18の数学エピソード ロマンティック数学ナイト』(以上KADOKAWA)、監修に『OKRA』(正進社)がある。

    Twitter @motcho_tw
    • クリエイティブ
    • 科学
    • 文章力
  • 猪俣 奈央子いのまた なおこ

    インタビューライター
    ブックライター
    猪俣 奈央子
    2003年に転職メディアを運営するエン・ジャパン株式会社に入社し、中途採用広告のライター業に従事。大規模サイトリニューアルや人事向け情報メディアのコンテンツ制作に携わる。最大20名のライターをマネジメントする管理職経験あり。

    2014年からはフリーランスのインタビューライター・ブックライターとして活動。働き方・人材育成・マネジメント・組織開発・ダイバーシティ・女性の生き方・子育て・小児医療・ソーシャルグッド・ノンフィクションなどを得意ジャンルとしている。

    インタビュー経験は、著名人・大学教授・企業経営者をはじめ2000人以上。企画意図や読者層をふまえた編集視点の質問、自然な会話のなかから核心に迫る取材スタイルが評価されている。
    • クリエイティブ
    • 仕事術
    • 女性活躍推進
  • 遠藤結万えんどうゆうま

    マーケター
    政治ライター
    遠藤結万
    京都府京都市出身。早稲田大学人間科学部人間情報科学科卒。グーグル株式会社広告営業本部にて、中小企業向け広告コンサルティングやアジア太平洋地域のデータ分析を担当。退社後sparcc株式会社(現CMO株式会社)を設立。
    主に上場企業をクライアントに、マーケティングコンサルティング、戦略設計、社内研修、サービス開発などを手掛ける。著書に「世界基準で学べる エッセンシャルデジタルマーケティング」(技術評論社)
    また、「平河エリ」名義で主に議会政治、選挙などの分野で執筆。朝日新聞「論座」・講談社「現代ビジネス」などに連載を持つほか、Yahoo! ニュース公式コメンテーター、番組出演などを行う。著書に「武器としての議会政治 25歳からの国会」(現代書館)。
    • マーケティング
    • クリエイティブ
    • 広告
  • 大石健弘おおいしたけひろ

    映像ディレクター
    大石健弘
    株式会社葵プロモーション(現 AOI Pro.)を経て、独立。
    以前は珍しかった企画から撮影、編集までを自身で行うビデオグラファースタイルをいちはやく採用。ドキュメンタリーやサプライズを中心に、人の温度感や熱量をストレートに描く広告作品を多く手掛ける。
    主な監督作に、Amazon「日本ストア」、Panasonic「街のでんきやさん」シリーズ、不二家ミルキー「みんなの笑顔篇」、マクドナルド「募金してくれて、ありがとう」、Google「Woman Will ママが復職する日」など。YouTubeチャンネル「Happilm」では個人制作のウェディング&サプライズ映像を多数公開し、再生数は1000万を超える。

    受賞歴:
    釜山国際広告祭 ADSTARS Innovation部門 / Film部門 クリスタル賞
    第50回フジサンケイグループ広告大賞 優秀賞
    第60回福岡広告協会賞 WEB映像部門 銀賞
    SONY PROFESSIONAL MOVIE AWARD 準グランプリ など

    作品集 https://www.takehirooishi.com
    • クリエイティブ
    • アイデア
    • 広告
  • 勝浦雅彦かつうらまさひこ

    (株)電通 コピーライター・クリエーティブディレクター
    勝浦雅彦
    法政大在学中に、シンボル校舎「ボアソナード・タワー」の命名者になり、学長表彰を受ける。新入社員時代に役員に直訴して、営業からクリエーティブに転局。まったく芽が出ず部署をクビになるが、東京を飛び出し不屈の精神でコピーを書き続ける。ある時「なぜ、人はつながりたいのか」に気づき、運命が好転。約10年間の非正規雇用期間を「言葉」で乗り越え(株)電通入社。15年以上、大学や教育講座の講師を務め、広告の枠からはみ出したコミュニケーション技術の講義を行い多くの同志とふれあい、TV、雑誌、新聞等にも出演。クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト、ADFEST FILM最高賞、Cannes Lionsなど国内外の受賞多数。TCC会員。宣伝会議講師。法政大学特別講師。「つくる人の会(仮)」主催。
    • クリエイティブ
    • 広告
    • アイデア
  • カワグチマサミかわぐちまさみ

    漫画家
    カワグチマサミ
    1984年、大阪生まれ。2010年から漫画家・イラストレーターとして活動を始める。その後、結婚し2012年に男の子を出産。産後に働きすぎて体調を崩してから、「スキあらばゴロゴロ」をモットーに働いている。現在は育児しながら、エッセイ漫画を描いたり、子育てフリーランスに向けた講演会に登壇したりしている。
    • クリエイティブ
    • メディア
    • SNS術
  • 小狐裕介こぎつねゆうすけ

    小説家
    小狐裕介
    小説家。2017年「ショートショートの宝箱」(光文社)に『ふしぎな駄菓子屋』が掲載され作家としてデビュー。幼い頃から物語を作り続け、漫画制作・映画製作などを経て2010年頃からショートストーリーの執筆を開始。著作に「3分で"心が温まる"ショートストーリー」「3分で楽しい! "動物"ショートストーリー」(共に辰巳出版)などがある。ブログで毎日新作のショートストーリーを公開中。YouTubeにて広く情報を発信中。

    twitter:https://twitter.com/foxtalk_tweet
    ブログ:https://foxconcon.com/
    YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC86ZZ2gKNICqbOQ7flwUT0Q
    • クリエイティブ
    • 文章力
    • アイデア
  • 佐藤万葉さとうかずは

    グラフィックデザイナー
    カラーアドバイザー
    佐藤万葉
    神戸芸術工科大学を卒業後、京都の広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務。
    その後、大分でデザイン事務所を設立しデザイン業務を行う傍ら、色の知識を学び様々な色にまつわる資格を取得する。2007年に色彩講師のライセンスを得ると、大分県立芸術文化短期大学において色彩学の授業を担当。2014年から分市立エスペランサ・コレジオのパーソナルカラーコースの担任講師を務めている。現在は東京と大分を活動拠点とし、数多くの企業や学校でデザインや色に関する講演や授業を行っている。
    • 教養
    • コミュニケーション
    • 心理学
  • 鮫島圭代さめじまたまよ

    美術ライター
    翻訳家
    水墨画家
    鮫島圭代
    学習院大学美学美術史学専攻卒。英国カンバーウェル美術大学留学。学芸員資格保持。翻訳学校マスターコース修了。美術教育レッジョ・エミリア・アプローチ、表現アート・セラピー、対話型鑑賞を学ぶ。2006年より制作会社にて美術展の音声ガイド制作を行い、2012年独立。古今東西の芸術文化の執筆、翻訳を手がける。携わった展覧会は100件以上。Oggiアート記事、東京都美術館ジュニアガイド、サントリー美術館「美の栞」、朝日新聞「額絵」、海外大型美術館の図録翻訳。読売新聞、文化庁、宮内庁の紡ぐプロジェクトにてWeb連載。読売新聞・美術展ナビにてWeb連載中。
    水墨画家としても20年以上活動。大学の研究で禅僧画家・可翁に魅せられ、目黒巣雨氏に入門。留学中より墨絵を描いた服を渋谷西武、ラフォーレ原宿、hpfrance、tomorrowlandで取扱。タッキー&翼PV衣装に使用される。個展やパフォーマンス(着物に即興で描くなど)を独米でも行い、作品をWeb販売。都内とオンラインで、日英バイリンガルの墨絵教室。海外企業や学校向けにも「筆ペンで墨絵」講座開催。Nikkei Asian Reviewに掲載、テレビ東京「東京交差点」出演。
    • メンタルヘルス
    • 教養
    • 芸術
  • 菅 賢治すが けんじ

    TVプロデューサー
    菅 賢治
    1954年長崎県佐世保市生まれ。県立佐世保北高校卒業。
    日本大学芸術学部放送学科卒業後アメリカサンディエゴへ
    1988年日本テレビ入社。
    ディレクター、プロデューサーとして『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『恋のから騒ぎ』『踊る!さんま御殿!!』『笑ってはいけない◯◯24時』などを企画演出、名物プロデューサーとして名を馳せる。
    2010年に編成局総務、2011年に制作局長代理を務めたのち、2014年3月に日本テレビを退社。

    2021年現在、
    日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』総監督、中京テレビ『太田上田』企画プロデュース、Netflixドラマ『jimmy』プロデュース、アニメ『漁港の肉子ちゃん』プロデュースを行う。

    ほかにも企業アドバイザー、佐世保市創生プロジェクト参画、『タイタンの学校』特別講師など、その活躍の場は多岐に渡っている。
    • クリエイティブ
    • リーダーシップ
    • アイデア
  • 中村 昌弘なかむら まさひろ

    ライター
    編集者
    株式会社なかむら編集室 代表取締役
    中村 昌弘
    ライター、編集者。立教大学文学部を卒業し、リクルートコスモス、リクルートを経て2016年より独立。幻冬舎ゴールドオンラインや朝日新聞デジタルなど、Webメディアを中心に4000記事以上を執筆。その後は商業出版の編集協力や、電子書籍専門の出版社の立ち上げ、フリーランス向けメディア『The Light House』やNFT専門の電子雑誌『週刊イケハヤNFTニュース』の立ち上げ、編集長を務める。またライター向けのオンラインサロン『Webライターラボ(2022年7月時点で820名)』や、電子書籍を出版したい人向けのオンラインスクール『Kindle出版スクール(2022年7月時点で65名)』も主宰し、ライティングの指導をしている。
    • コミュニケーション
    • 自己啓発
    • 文章力
  • ネルコネコねるこねこ

    YouTube動画クリエーター/手芸家/グラフィックデザイナー/イラストレーター
    ネルコネコ
    京都精華大学デザイン学部を卒業後、商品パッケージやプロダクトデザインなど商業デザイナーとして活動し、2019年5月よりYouTubeにて「Nelco neco / ネルコネコ」の名前でハンドメイド動画の配信活動を開始。お伽噺の世界に迷い込んだような世界観をUVレジンやペーストクレイを用いた、様々な材料と技法を使って表現している。運営しているYouTubeチャンネルは日本のみならず世界中からアクセスがあり、登録者数は25万人を突破した。(2022年5月)
    https://lit.link/nelconeco
    • 手芸
    • アイデア
    • クリエイティブ
  • 藤原 裕ふじはら ゆたか

    ヴィンテージデニムアドバイザー
    藤原 裕
    1977年、高知県生まれ。原宿の老舗古着屋「BerBerJin(ベルベルジン)」ディレクター。別の名を「デニムに人生を捧げる男」。店頭に立ちながらも、ヴィンテージデニムアドバイザーとして人気ブランドの商品プロデュースやセレブリティのスタイリング、YouTubeチャンネルの配信、ファッションメディアでの連載など、多岐にわたりデニム産業全般に携わる。コアなマニアからの信頼も厚い、近年ヴィンテージブームの立役者。
    https://youtube.com/c/v-d-a-f-501xx
    https://www.instagram.com/yuttan1977/
    • 交渉力
    • 話し方・伝え方
    • 営業力
  • 松原秀行まつばらひでゆき

    児童文学作家、フリーランスライター
    松原秀行
    1979年、福音館書店の月刊誌「子どもの館」に長編ファンタジー「竜太と青い薔薇」を連載開始。1983年、これを大幅改稿して単行本デビューする。その後雑誌ライターをつとめるいっぽうで児童書を書き続ける。1995年、講談社青い鳥文庫より長編ミステリー「パスワードは、ひ・み・つ」を刊行。以後「パスワードシリーズ」の名で32巻プラスnew番6冊を刊行して現在に至る。姉妹編として「レイの青春事件簿」(講談社YAエンターテインメント・全4冊)がある。青い鳥文庫にはまた、福音館版を全面改定したファンタジー「竜太と青い薔薇(上下)」および、続編の「竜太と灰の女王(上下)、「猫耳探偵まどか」が収録されている。その他の著書に「鉄研ミステリー事件簿」、「アルセーヌ探偵クラブ」(ともにKADOKAWAつばさ文庫)、「七つ森探偵団ミステリーツアー」(ポプラ社)、他作家との共著による短編集「笑い猫の5分間怪談」(アスキーメディアワークス)など。
    • 文学
    • クリエイティブ

新着記事

  • 英会話コラム

    【短い英語 講座】旅先での「入国カード」の尋ね方

  • 生きるヒント

    【神さまの豆知識】恋人を受け止める「包容力」を願うならこの女神

  • 新刊紹介

    小さなチャンスを大きく活かす!確実に身につけておきたい“新・営業力”

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る