立花大敬たちばな だいけい

禅者、教育者、執筆家、講演者
立花大敬
1948年大阪府生まれ。大阪大学修士課程修了。19歳で禅に入門。
曹洞、臨済宗の諸師の指導を受ける。
1993年進学校「久留米大学附設中・高校」の教師となり、進学実績を上げる。
中学教頭、高校教頭もつとめた。
1997年「しあわせ通信」(毎月発行)、元気アップ禅の会をスタート。
学校を退職後、福岡、京都、東京などで禅の会を開いて指導している。

講演テーマ

禅書(正法眼蔵)・仏書(般若心経、法華経など)・神道(古事記など)の講義、精神世界、想いの実現法(心のゴムひも理論など)など

講演ジャンル

宗教スピリチュアル

講演・研修実績

47歳から禅の会、講演活動をスタートして現在(73歳)に到る。

新着記事

  • 書籍紹介

    もはや他人ごとにできない!日本人なら知っておきたい「住まい」と「暮らし」のリアル

  • 注目書籍

    ライフスタイルがガラリと変わる!「無理なく続く投資の習慣」

  • 女医コラム

    【TikTok/KADOKAWA 大学】生理の悩み「ナプキンの選び方」

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る