小倉孝保おぐら たかやす

毎日新聞論説委員
小倉孝保
1988年、毎日新聞社入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局(ロンドン)長を経て外信部長。現在は論説委員。『柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で小学館ノンフィクション大賞、ミズノスポーツライター最優秀賞をダブル受賞。

講演テーマ

英国の欧州離脱問題
中東の政治情勢
イスラム過激派
日米の死刑制度比較
国際ニュースをどう読むか

講演・研修実績

電通、東京・中央区工業団体連合会、社団法人大阪能率協会、星総合病院(福島県郡山)、広島日英協会、早稲田オープンカレッジ、日本乳癌学会、NTT労組退職者の会、そのほか上智大学や東京外大など大学多数

新着記事

  • 自己肯定感

    自己肯定感を高めるために意識すべき行動をプロが解説!

  • 地方暮らし

    第1回 コロナ禍で変化していく新たなQOLとは

  • 昭和史

    世界を動かす、歴史を創る!日本式ダイナミズムの真実

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る