スポーツの講師一覧

「スポーツ」に強い講師の一覧です。講演テーマや講演の特徴を紹介していますのでより目的にあった講師を探しましょう。

1-15/26件中
  • 青木 真也あおき しんや

    総合格闘家
    青木 真也
    1983年5月9日生まれ。静岡県出身。小学生の頃から柔道を始め、2002年に全日本ジュニア強化選手に選抜される。早稲田大学在学中に柔道から総合格闘技に転身。「修斗」ミドル級世界王座を獲得。大学卒業後に安定を求め静岡県警に就職するも、本能に従い2カ月で退職を決め、再び総合格闘家の道へ。そして「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級チャンピオンに輝く。著書に『ストロング本能 人生を後悔しない自分だけのものさし』(KADOKAWA)、『空気を読んではいけない』(幻冬舎)がある。
    ツイッター:@a_ok_i
    note:https://note.mu/a_ok_i
    • 生き方
    • メンタルヘルス
    • スポーツ
  • 青木 豊あおきゆたか

    一般財団法人自然環境研究センター
    第一研究部鳥獣被害防止室 主席研究員 群馬事務所所長
    兼 株式会社WSaT(ダブルサット)取締役
    青木 豊
    1962年生まれ。群馬県出身。狩猟家。環境省鳥獣保護管理捕獲コーディネーター、環境省鳥獣保護管理プランナー、農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー、公安委員会指定射撃指導員(ライフル銃・散弾銃・空気銃)、夜間銃猟をする捕獲従事者に関する射撃技能証明証取得者。幼い頃から父親の狩猟に同行し、成人後、狩猟の世界へ。教師として高校生を指導する一方で、現在の野生鳥獣による農林水産業被害対策に早くから取り組み、45歳の時に転職し、専門的捕獲従事者となる。わなの自動通報システムや認定鳥獣捕獲等事業者制度、夜間銃猟などの基礎を作り上げてきた。主な成果としては、小笠原世界自然遺産登録に際し、ノヤギの根絶作業に従事した他、伊豆大島におけるキョン防除事業や各地のシカやイノシシ対策に取り組んでいる。野生鳥獣による農林水産業への被害対策を、危機管理ととらえ、地域ぐるみの対策や人材育成など幅広く活動している。クレー射撃の現役選手として国民体育大会や全日本選手権に出場するとともに、後継者の育成にも力を入れている。下記の著書のほか、「カクヨム」にてオリジナル小説『新たな狩猟者像 ~サーパスハンターを目指して~』を連載。
    • 鳥獣対策
    • 射撃
    • 野生動物
  • 石井 克昇いしい かつのり

    石井堂クリニカルオフィス・石井堂街の接骨院代表/柔道整復師/ICC国際コーチング連盟認定コーチ/アクティベータ・ネットワーク・ジャパン上級認定/集客コンサルタント
    石井 克昇
    石井堂クリニカルオフィス・石井堂街の接骨院代表。柔道整復師。ICC国際コーチング連盟認定コーチ。アクティベータ・ネットワーク・ジャパン上級認定。米国やカナダで信頼を得ている施術法「アクティベータ・メソッド」を駆使した治療を行う。2012年、石井堂街の接骨院を開業。脳の記憶と条件付けが及ぼす心身の不調へのケアを専門とする。神経学、東洋医学、心理学、コーチング、脳の誤作動記憶の調整法(心身条件反射療法)を学び、不調な心身を健康へと導くセルフケア「脳バランス体操」を開発。治療院には一流アスリートやアーティスト、モデルなど多くの著名人も訪れる。
    • コーチング
    • 顧客満足
    • 経営
  • 大塚 友広おおつか ともひろ

    実業家
    ゴルフコーチ
    大塚 友広
    群馬県出身。世界遺産富岡製糸場の世界遺産プロジェクトによる公募で観光マネージャーに就任。その後、izuru株式会社を設立し代表取締役就任。地域の特性を生かした飲食店プロデュースや商店街活性化プロジェクト、正装としての白衣プロジェクトなどに関わる。現在は、マーケティングロボティクス社取締役COOを経て株式会社ラフール執行役員CMOを務める。28歳のとき、世界遺産プロジェクトに関わっていた際にゴルフを始め、今までのゴルフ理論に疑問を抱き、独自の理論で1年で70台前半のスコアに到達する。型にはめがちであった今までのゴルフ理論ではなく、自身の体に合ったスイング構築を行う独自の理論を書籍化、5万部を突破するベストセラーとなる。翌年発行した続編も3万部を記録。
    • コーチング
    • スポーツ
    • マーケティング
  • 小倉孝保おぐら たかやす

    毎日新聞論説委員
    小倉孝保
    1988年、毎日新聞社入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局(ロンドン)長を経て外信部長。現在は論説委員。『柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で小学館ノンフィクション大賞、ミズノスポーツライター最優秀賞をダブル受賞。
    • 国際情勢
    • ジャーナリズム
    • スポーツ
  • 河邊英里子かわべえりこ

    スポーツメンタルコーチ
    企業研修講師
    haruasu株式会社 代表取締役
    河邊英里子
    1996年青山学院大学卒業後、日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)に入社。営業、マーケティング、人材育成を担当。2014年にメンタルコーチとして独立し、アスリートと経営者のメンタルとパフォーマンスのサポートを開始。女子体操選手のメンタルサポートにて2016年リオデジャネ イロ五輪に帯同し、48年ぶり4位に貢献。
    2018年1月、haruasu株式会社設立。アスリート、経営者の個別コーチングやチームサポート、企業研修を軸に活動。世代も高校生から社会人まで幅広く展開している。クライアントが目指す結果までの工程表を作り出すコーチング・研修は目標を明確にし、言語化力、行動力が上がると定評がある。
    また自分の子育て失敗談をベースとした保護者向けメンタルの整え方研修は「わかりやすい」「すぐに実行できる」「気持ちが楽になった」と好評を得ている。
    プライベートでは現在、夫、娘2人の4人家族。カヌーにチャレンジしている。

    ポッドキャスト「100発100中!目標達成のヒミツ」
    https://open.spotify.com/show/38kibrTFQ4W3JL0TfnpnAZ
    • コーチング
    • 自己実現
    • 人材育成
  • ゴジキごじき

    ゴジキ
    試合全体からワンプレーにいたるまで、徹底分析を重ねたツイートで、ファンである巨人軍の選手を含めて14,000人以上にフォロー(2021年4月現在)される人気アカウント。「REAL SPORTS」、「THE DIGEST(Slugger)」 、「本がすき。」などの媒体で、巨人軍や高校野球の内容を中心に執筆している。2020年9月から光文社新書noteにて「ゴジキの巨人軍解体新書」が連載開始された。著者に『巨人軍解体新書』がある。好きな選手は松井秀喜と坂本勇人。
    • スポーツ
  • 酒井 慎太郎さかい しんたろう

    さかいクリニックグループ代表
    柔道整復師、中央医療学園特別講師、千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルメディカルアドバイザー
    酒井 慎太郎
    さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。中央医療学園特別講師。千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルメディカルアドバイザー。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の疾患およびパフォーマンス向上のための施術を得意とする。解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、これまで100万人を治してきた実績を持つ。井上尚弥氏、内藤大助氏、高橋由伸氏、佐々木健介氏をはじめ、俳優やアスリート、政治家、一流経営者など多くの著名人のボディメンテナンスも行い、絶大な信頼を得ている。テレビ番組では「神の手を持つ治療家」として紹介されるなど、マスコミ出演も多数。
    • 健康
    • スポーツ
    • 医学
  • 佐久間 馨さくま かおる

    有限会社ゴルフ科学研究所代表取締役
    一般社団法人Sメソッドゴルフ普及協会名誉顧問
    特定非営利活動法人日本障がい者ゴルフ協会理事
    佐久間 馨
    1955年生まれ。有限会社ゴルフ科学研究所代表取締役、一般社団法人Sメソッドゴルフ普及協会名誉顧問、特定非営利活動法人日本障がい者ゴルフ協会理事、スカイパーフェクトTV 「ゴルフネットワーク100切り選手権」指南役。学生時代に宇宙工学を専攻。機械メーカーのエンジニアとして21年間勤務した後、ゴルフ科学研究所を設立。アマチュア時代に競技で培った自らの経験から、誰でもパープレーができる合理的なスウィング(Sスウィング)を開発。またプレー中に最高の精神状態が生み出せる自己対話法を神経言語プログラミング(NLP)と融合させて「Sメソッドゴルフ」を確立した。ゴルフだけでなく、メジャーリーガーのメンタルコーチを務めるとともに、言葉の使い方を中心に「自己肯定感を上げる方法」や「感情をコントロールする方法」をテーマにセミナーや企業向けに講演を行うなど幅広く活動している。2010年ゴルフダイジェストアワード「レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞。
    • スポーツ
    • コミュニケーション
    • 自己実現
  • 笹川 大瑛ささかわ ひろひで

    理学療法士
    一般社団法人 日本身体運動科学研究所 代表理事
    笹川 大瑛
    理学療法士。一般社団法人 日本身体運動科学研究所 代表理事。日本大学文理学部体育学科卒、日本大学大学院(教育学)卒。運動能力の向上やスポーツが上達する方法を科学的に研究する、運動科学の専門家。理学療法士として運動の研究やリハビリに関わってきた豊富な経験から「関節トレーニング」を考案。体の動きが劇的に変わると評判を呼び、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。現在はボディコンディショニングなどのセミナーを開催。全国から理学療法士、スポーツ指導者、柔道整復師などの専門家が集まり教示を受ける。イタリアやオーストラリアなどの海外の生徒にも指導している。
    • 健康
    • スポーツ
  • 澤木 一貴さわき かずたか

    パーソナルトレーナー
    体幹マン(このキャラクターでイベント出演多数)
    株式会社SAWAKI GYM代表取締役
    澤木 一貴
    静岡県伊豆の国市出身。日本大学商学部商業学科卒業。1991年大学在学中よりトレーナー活動を開始。新卒で務めた会社はジャイアント馬場さんが社長の全日本プロレス営業部。
    静岡県の整形外科病院でトレーナー科主任を歴任し、リハビリ後の方からトップアスリートまで医学的根拠に基づき指導。その後専門学校講師やスポーツメーカー専属トレーナー、パーソナルトレーナー協会理事として延べ10,000人以上の学生・トレーナーを指導。現在はトレーナー活動の他、講演会講師として、また雑誌Tarzanなどのメディアを通じて健康情報を発信している。出版書籍は18冊、監修雑誌は350冊以上。テレビ出演多数。

    https://www.instagram.com/sawakigym_sawaki/
    https://www.facebook.com/kazutaka.sawaki
    https://ameblo.jp/sawakigym/
    https://www.youtube.com/channel/UC0fhIrjRous-8a-T-86JEhw
    • 健康
    • スポーツ
    • エクササイズ
  • 澤宮 優さわみや ゆう

    ノンフィクション作家、スポーツライター、エッセイスト
    澤宮 優
    1964年、熊本県生まれ。青山学院大学文学部史学科卒、早稲田大学第二文学部卒。2004年に戦前の巨人の名捕手「巨人軍最強の捕手 吉原正喜炎の生涯」で、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
    高校時代は不登校経験があり、それが作品のテーマである陰の存在に光を当てる、挫折から立ち直る人生という作風に繋がる。スポーツでは「世紀の落球 戦犯と呼ばれた男たちのその後」「打撃投手」「人を見抜く、人を活かす、人を育てる プロ野球スカウトの着眼点」「イップス」、歴史では「イラストで見る昭和の消えた仕事図鑑」、関ヶ原の敗者の城を紹介した「戦国廃城紀行」などの著作をもとに講演活動を展開。その他「報道ステーション」「週刊ブックレビュー」「東京FM・クロノス」「文化放送<吉田照美 飛べ!サルバドール>」「文化放送<くにまるジャパン>」などメディア出演。
    好きな言葉は「人生にエラーはつきものだ。大事なことはその後をどう生きるかだ」(ワールドシリーズで世紀のトンネルをしたビル・バックナーの言葉)。
    澤宮優ホームページ:http://www2.odn.ne.jp/yusawamiya/
    • スポーツ
    • 歴史
  • 新生 剛士しんじょう たけし

    ボイストレーナー
    アメリカンフットボールコーチ
    ブラインドサッカー男子日本代表ボイストレーナー
    新生 剛士
    体育平均点以下の運動音痴が大学で始めたアメリカンフットボール。「奇跡の成長」を遂げ、攻撃の司令塔クオーターバックとして大学・社会人リーグで活躍し、コーチ・選手として5度の日本一を経験。30歳を過ぎて米国8人制プロフットボールリーグに挑戦。3シーズンで8チームを渡り歩いた末、35歳でプロデビューを果たした。2005年よりアーティスト楠瀬誠志郎が主宰するボイストレーニングスクール「Breavo-para」のインストラクターとして活動し、様々な職種・年代の受講生を指導。ボイストレーニングを軸とした「コミュニケーション研修」「メッセージ発信力研修」などの講師としても多くの企業で経営者から様々な階層・職種の指導経験を持つ。11年、全国のアメフト選手の心技体を磨く「QB道場」を開設。「声」と「アメリカンフットボール」を 題材に「不可能」を「可能」にしていくことの面白さを伝えている。
    • ボイストレーニング
    • スポーツ
  • 芹澤 信雄せりざわ のぶお

    プロゴルファー(株式会社TSIグルーアンドスポーツ所属)
    チームセリザワ ゴルフアカデミー校長
    芹澤 信雄
    1959年11月10日生まれ、静岡県御殿場市出身。シニアツアーに参戦する現役プレーヤー。高校時代にスキーのアルペン競技で国体に出場し、卒業後18歳でゴルフを始める。22歳でプロテストに合格、87年「日経カップ」でツアー初優勝を果たして以来、ツアー通算5勝、シニアツアー1勝とトッププロとして活躍。芹澤を師と仰ぐ、藤田寛之、宮本勝昌らとともに「TEAM SERIZAWA」を結成。“日本一の教え上手”として知られ、2015年8月には、芹澤がキャディを務めた「meijiカップ」で、チームメンバーの西山ゆかりがツアー初優勝を飾っている。また、同年4月には大箱根カントリークラブにて「TEAM SERIZAWA GOLF ACADEMY」を開校、校長としてアマチュア育成にも力を入れる。その後、18年11月1日には、本人の地元、太平洋クラブ御殿場コースに拠点を移し、最高の環境のアカデミーとなった。著書に『チームセリザワに学ぶ 「強くなる」思考法』(KADOKAWA)、『セリザワメソッド 芹澤流ならスウィングが変わる』(ゴルフダイジェスト社)、『チーム芹澤に学ぶゴルフ 90切りへの近道』(NHK出版)など多数。
    • リーダーシップ
    • マネジメント
    • スポーツ
  • 髙橋 雄介たかはし ゆうすけ

    中央大学理工学部教授
    中央大学水泳部監督
    髙橋 雄介
    1962年生まれ、東京都出身。現役時代はバタフライの選手として活躍。1986~91年の5年間、アメリカのアラバマ州立大学に留学。トップコーチとして名高いダン・ギャンブリン、ジョンティ・スキナー両氏から世界最新の科学的トレーニングを学ぶ。帰国後、中央大学水泳部コーチに就任。監督に就任後、前人未踏の11連覇を含むインカレ優勝15回。田中雅美や中村真衣、塩浦慎理ら日本新記録樹立者、オリンピック・メダリストなど、世界に通用するトップ選手を多数育成、日本オリンピック委員会強化スタッフも務める。さらに、つねに最先端をいく独自の水泳理論をベースに、老若男女問わず一般水泳愛好者に向けたプライベートレッスンなどを通じて、水泳の楽しさを広める活動も精力的に行っている。選手たちの持てる力を最大限に引き出すオリジナリティ豊かなコーチングには定評があり、水泳指導のみならず、経営者や指導者らに向けたビジネスコーチング、モチベーションアップの方法といったテーマの講演も行う。大学の講義も学生からの人気が高いことで有名。
    • スポーツ
    • コミュニケーション
    • コーチング

新着記事

  • 人材育成

    人材育成の効果的な手法とは? 大切なポイントをプロが解説

  • ライフハック

    失敗も回り道も、人生の彩り ~クールでしなやかな働き方マインド~

  • リフレーミング

    「リフレーミング」でポジティブ思考を身に付けるには? 日常やビジネスでの活用法を徹底解説

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る