あ〜さ行の講師一覧(7ページ目)

「法人向け研修・講演プログラム」の講師紹介ページです。企業様のさまざまなニーズ、主旨やテーマ、ご予算に合った講師をご紹介します。

91-105/197件中
  • 勝浦雅彦かつうらまさひこ

    (株)電通 コピーライター・クリエーティブディレクター
    勝浦雅彦
    法政大在学中に、シンボル校舎「ボアソナード・タワー」の命名者になり、学長表彰を受ける。新入社員時代に役員に直訴して、営業からクリエーティブに転局。まったく芽が出ず部署をクビになるが、東京を飛び出し不屈の精神でコピーを書き続ける。ある時「なぜ、人はつながりたいのか」に気づき、運命が好転。約10年間の非正規雇用期間を「言葉」で乗り越え(株)電通入社。15年以上、大学や教育講座の講師を務め、広告の枠からはみ出したコミュニケーション技術の講義を行い多くの同志とふれあい、TV、雑誌、新聞等にも出演。クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト、ADFEST FILM最高賞、Cannes Lionsなど国内外の受賞多数。TCC会員。宣伝会議講師。法政大学特別講師。「つくる人の会(仮)」主催。
    • クリエイティブ
    • 広告
    • アイデア
  • 勝木龍かつきりゅう

    カリスマ英会話講師
    ビジネス・金融コンサルタント
    勝木龍
    ■カリスマ英会話講師としての経歴
    成果保証型英会話塾Smart English®主催
    NHK「Newsで英会話」講師(Web担当)
    学生時代に英検1級を取得、京都大学の大学院入試では英語で1位
    アルクで長年「英作くん.com」を提供(日本一の英語表現数:15万表現)
    3つのペンネームで「30冊以上の書籍」を出版(累計20万部超)
    元Microsoft社長の成毛氏が著書「日本人の9割に英語はいらない」で勝木の著書を絶賛

    ■外資系ビジネスマンとしての経歴
    世界最大級の証券会社リーマンブラザース、世界最大の資産運用会社ブラックロック(総資産約1000兆円)を経て、世界最大のプライベートバンクUBS(同約300兆円)のCIO(最高投資責任者)
    京都大学経済学博士号(Ph.D.) 、経営学修士号(MBA)
    学習院大学大学院にて6年にわたり教鞭を執る
    日米証券アナリスト資格(CFA、CMA)
    TV出演(NHKクローズアップ現代、NHK国際放送、日経CNBC等)
    メディア投稿(日本語:日経新聞、日経Quick、日経マネー、東洋経済等 英語:ロイター、ブルームバーグ、FT、WSJ等)
    • 語学
    • 投資
    • キャリアアップ
  • 加藤 直哉かとう なおや

    健康増進クリニック副院長
    心理学博士
    加藤 直哉
    健康増進クリニック副院長。心理学博士。文教大学元講師。2000年、琉球大学医学部卒業。世界で数万人以上が実践する「山元式新頭針療法」を、創始者である山元敏勝医師から学ぶ。現在は、最先端の補完代替医療に食事、運動、精神までも取り入れた統合医療を実践。医学・心理学の分野で発表された研究データに基づく「恋愛講座」が大反響を呼ぶ。恋愛・結婚の成就のみならず、理想のパートナーシップのつくり方も指南している。また、「死生学」の研究で学位を取るなど、死や生に関する講演も得意とする。
    • 生き方
    • 心理学
    • 医学
  • 加藤聖文かとうきよふみ

    歴史家
    加藤聖文
    1966年愛知県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程修了。現在、人間文化研究機構国文学研究資料館/総合研究大学院大学准教授。専門は、日本近現代史・東アジア国際関係史・アーカイブズ(歴史記録)学。主に満洲を中心に実証的な研究を続け、2021年に『海外引揚の研究』で角川源義賞を受賞。また、読売新聞読書委員の他、テレビのドキュメンタリーやドラマの監修などメディアを通した活動も積極的に行っている。
    • 歴史
    • 教養
  • 門川良平かどかわりょうへい

    学習ボードゲームデザイナー
    教育コンテンツ制作者
    すなばコーポレーション株式会社代表
    門川良平
    学習ボードゲームデザイナー、教育コンテンツ制作者。1983年、京都市⽣まれ。早稲⽥⼤学法学部卒業後、株式会社ベネッセコーポレーションにて教材開発・マーケティング・広告戦略を担当。退職後、通信制⼤学に入学し、⼩学校教員免許を取得。東京都の公⽴⼩学校教員としての教員⽣活を経て出版社にて学習事業のプロデューサーに。
    2019年9⽉にすなばコーポレーション株式会社を創業し、学習ゲーム・ワークショップ・学習マンガなどを開発。小学生からのSDGs学習ボードゲーム「Get The Point」は日本各地でご当地版が開発されるなど、自治体とも連携を進める。また、「Get The Point」八重山版制作にあたり株式会社ユーグレナとタイアップ。2022年度より今後のご当地版制作に関して株式会社日テレ アックスオンと協同で事業を推進することが発表される。
    2022年3月には京都大学、国連グローバルコンパクトネットワークジャパンと共催で「京都SDGsゲームショウ」を開催。実行委員長をつとめる。
    教育・地方創生・社会課題×ユーモア・遊び心を軸に、産官学すべてプレイヤーとの連携を進める。
    • SDGs
    • 社会問題
    • 環境
  • 金森 晃平かなもり こうへい

    治療家
    イラストレーター
    オリーブ指圧治療院 院長
    金森 晃平
    1980年生まれ。あん摩マッサージ指圧師。イラストレーター。千葉、東京、神戸のアチコチ育ち。特技は標準語と関西弁の使い分け。立命館アジア太平洋大学卒業後メーカーに勤務するが、本人を含め、あまりのハードワーク(現在は改善)にバタバタと倒れていく社員を見て健康に興味を持つ。2年間勤務の後、老舗の治療院で6年間修行しながら専門学校に通い、優等賞を受賞、国家資格を取得。2012年7月に東京都江戸川区小岩に「オリーブ指圧治療院」を開業。これまでに1万人以上、約4万回の治療実績を持つ。修業時代に「治療を受けてもどうせまた元に戻るんでしょ?」というお客様からの一言にショックを受け、お客様自身に治す力をつけてもらうスタイルを作り、治療だけでなく治し方も維持の仕方も全部教える学校のような治療院を経営中。お客様にお店で習ったことを復習してもらうべく、イラストを用いて体操などをインスタグラムに掲載すると、瞬く間にフォロワーが増加して話題となる。Instagram、Twitterの総フォロワー数は約6万人。本のイラストもすべて本人描き下ろしである。
    • エクササイズ
  • 金原瑞人かねはらみずひと

    法政大学教授・翻訳家
    金原瑞人
    1954年岡山県生まれ。法政大学教授。翻訳家。1980年代後半より新聞、雑誌などでヤングアダルト(YA)向けの書評を執筆。訳書に『不思議を売る男』(偕成社)、『バーティミアス』(静山社文庫)、『青空のむこう』(求龍堂)、『ブラッカムの爆撃機』『さよならを待つふたりのために』(岩波書店)、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(ほるぷ出版)、『国のない男』(中公文庫)、『月と六ペンス』『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』(新潮文庫)、『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』(ブロンズ新社)、『文学効能事典』(フィルムアート社)など600冊弱。日本の古典の翻案に『仮名手本忠臣蔵』(偕成社)、『雨月物語』(岩崎書店)など。またエッセイ集に『サリンジャーにマティーニを教わった』(潮出版)など。ブックガイドの監修に『10代のためのYAブックガイド150!』(ポプラ社)、『12歳からの読書案内 多感なときに読みたい100冊』(すばる舎)、『13歳からの絵本ガイド』(西村書店)などがある。http://www.kanehara.jp/
    • 文学
    • 教養
  • 兼平 豪かねひらつよし

    元大阪市消防局職員/防災アドバイザー
    タイチョー(YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」)
    兼平 豪
    株式会社VITA代表取締役。元レスキュー隊員として「助かる命を助けるために」をテーマに、防災YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」を運営。災害現場のリアルな声とともに、災害大国ニッポンならではの「気づき」を日々発信している。YouTube登録者22万人。

    ・大阪市消防局で救助隊員/救急予備隊員/消火隊員を経験
    ・大阪市消防局救助代表選出(約3500名中80名選出)
    ・人命救助による功績表彰受賞
    ・大阪市消防局 退局
    ・株式会社VITA設立/代表取締役
    ・YouTubeチャンネルRESCUE HOUSE 開設
    ・日本民間防衛/最年少理事
    ・防災対応専門家/防災アドバイザー
    ・書籍「消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典」刊行
    ・保有資格:防火,防災対象物点検資格者/消防設備点検資格者/応急手当普及員/防災士
    • 防災
  • 鎌田 浩毅かまた ひろき

    京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授
    京都大学名誉教授
    鎌田 浩毅
    1955年、東京都生まれ。筑波大学附属駒場高校卒業。東京大学理学部地学科卒業。79年、通産省(現・経済産業省)入省。地質調査所主任研究官、米国内務省カスケード火山観測所上級研究員を歴任。97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士(東京大学)。2021年4月より京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授、京都大学名誉教授。
    「科学の伝道師」を自任し、平易な言葉で火山や地震の本質を市民へ伝え続ける。京大の講義は数百人を集める人気で、学生が選ぶ教養科目で1位の評価。「世界一受けたい授業」「情熱大陸」「又吉直樹のヘウレーカ!」など、テレビ・ラジオにも多く出演。週刊エコノミストに「鎌田浩毅の役に立つ地学」を連載中。著書も多数。
    服装に気を配り、赤いジャケットやグラデーションのストールなど、独創性に富む。テーマ性のある着こなしを楽しみにするテレビ関係者や受講生も多い。講演ではどんな些細な疑問・質問にも、その場でアドリブの生回答。双方向コミュニケーションで盛りあがるQ&Aが大評判。
    ホームページ=http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/~kamata/
    • 科学
    • 教育
    • 防災
  • 神尾雄一郎かみおゆういちろう

    開成中学校・高等学校 弁論部監督
    株式会社ジーワンラーニング 代表取締役
    NPO法人ロジニケーション・ジャパン 理事長
    神尾雄一郎
    1982年、群馬県生まれ。開成中学校・高等学校、慶應義塾大学総合政策学部卒。中央大学大学院にて公共政策修士号を取得。
    ディベートの指導者として、母校である開成中・高の弁論部監督を20年以上務めている。2014年、第19回ディベート甲子園高校の部において「最優秀指導者賞」を受賞。2015年には、第20回ディベート甲子園中学の部において開成中を初の全国優勝に導いた。2021年には、第26回ディベート甲子園中学・高校の部揃って、最も分かりやすいスピーチを展開した学校として「ベストコミュニケーション賞」を受賞するなど、指導の信条である「誠実なディベート」が長きにわたって評価されている。
    また、株式会社ジーワンラーニング代表取締役として、「小論文」「国語(現代文)」「総合型選抜・推薦入試」を中心とした入試指導を小中高生に幅広く展開し、記述型模擬試験や小論文・作文・志望理由書の添削業務も手掛けている。
    さらに、「NPO法人ロジニケーション・ジャパン」理事長として、グループプレゼンテーションの大会や出張授業を行い、論理的コミュニケーション力の重要性を社会に広めている。
    • 勉強法
    • 文章力
    • コミュニケーション
  • 上谷さくらかみたに さくら

    弁護士
    犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務次長
    保護司
    上谷さくら
    1968年生まれ。福岡県出身。青山学院大学法学部卒業後、毎日新聞社入社。記者として甲府支局で事件、政治、スポーツ等の取材に携わった後、退社して司法試験に合格、弁護士登録。3年目に独立。専門は、犯罪被害者に関する刑事事件・民事事件。特に、性被害、DV、ストーカー、交通死亡事故に関する事案が多い。焼肉酒家えびす集団食中毒事件被害者弁護団団長、軽井沢スキーバス転落事故被害者弁護団、東池袋母子死傷事故、熊谷連続殺害事件など。その他、離婚・相続等の家事事件、破産、企業法務、不動産関係など幅広く取り扱っている。2020年法務省の刑法改正に関する刑事法検討会委員。「報道ステーション」(テレビ朝日)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、「ビビット」(TBS)、「ハートネットTV」(Eテレ)、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)、「記者のチカラ(西日本テレビ)」レギュラーコメンテーターなどメディア出演多数。
    • 法律
  • 神永曉かみながさとる

    辞書編集者
    神永曉
    辞書編集者。元小学館辞典部編集長。1956年、千葉県生まれ。1980年、小学館の関連会社尚学図書に入社。1993年、小学館に移籍。尚学図書に入社以来、37年間ほぼ辞書編集一筋の人生を送る。2014年にNPO法人「こども・ことば研究所」を「辞書引き学習」を考案した深谷圭助中部大学教授と共同設立。「辞書引き学習」による子どもの語彙力アップを目指した教育活動を展開。
    • 教養
    • 教育
    • 文学
  • 亀田 恭平かめだ きょうへい

    ネイチャーエンジニア
    亀田 恭平
    1984年、神奈川生まれ。フリーランスでシステムエンジニアとして務める傍ら、動植物の観察を行っている。観察の対象は歩いて出会える生き物全般。年間で100日以上、全国各地に赴き、これまで4,500種以上の生き物に出会ってきた。現在、観察した生き物の情報を自身のブログ「ネイチャーエンジニア いきものブログ」で紹介している。また、生き物に関するさまざまなスマホアプリも独自で開発し、配信をしている。
    • 生き方
    • 教養
    • 自己実現
  • 川合亮平かわいりょうへい

    通訳者
    川合亮平
    2019年秋から2021年秋までの2年間、英国の建設・イベント会社ES Globalの専属通訳者として東京2020オリンピック・プロジェクトに従事。その後、米国の気候テック会社Persefoni Inc.に専属通訳者として参画し、現在に至る。
    2019年までは、東京とロンドンを行き来しながら約12年間フリーランスとして活動。“英語”を軸としながらも、通訳・翻訳をはじめ、トラベルジャーナリスト、企業英語講師、書籍執筆など、多岐にわたる経験を積む。
    歌手のエド・シーラン、映画『ファンタビ』シリーズのエディ・レッドメイン、BBCドラマ『シャーロック』のベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン、『スタートレック』シリーズのジョナサン・フレイクス、ブレント・スタイパー、ドラマ『ダウントン・アビー』の主要キャストなど、ミュージシャン、俳優への通訳・インタビューも多数手がけている。
    著書・翻訳書・関連書は10冊以上を数える。英国ミステリを原書で読むのが好き。
    • 語学
    • 勉強法
  • 川口マーン惠美かわぐち まーんえみ

    作家
    川口マーン惠美
    日本大学芸術学部音楽学科卒業。85年、ドイツのシュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科修了。シュトゥットガルト在住。90年、『フセイン独裁下のイラクで暮らして』(草思社)を上梓、その鋭い批判精神が高く評価される。2013年『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』、2014年『住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち』(ともに講談社+α新書)がベストセラーに。『ドイツの脱原発がよくわかる本』(草思社)が、2016年、第36回エネルギーフォーラム賞の普及啓発賞受賞。その他、『母親に向かない人の子育て術』(文春新書)、『証言・フルトヴェングラーかカラヤンか』(新潮選書) 、『そしてドイツは理想を見失った』(角川新書)など著書多数。2011年より、ウェブマガジン『現代ビジネス』にてコラム『シュトゥットガルト通信』を連載中(毎週金曜日 更新)
    • 教育
    • 政治
    • 経済

新着記事

  • 自己肯定感

    自己肯定感を高めるために意識すべき行動をプロが解説!

  • 地方暮らし

    第1回 コロナ禍で変化していく新たなQOLとは

  • 昭和史

    世界を動かす、歴史を創る!日本式ダイナミズムの真実

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る