村木 厚子むらき あつこ

津田塾大学客員教授
村木 厚子
1955年高知県生まれ。土佐高校、高知大学卒業後、78年、労働省(現・厚生労働省)入省。女性政策や障害者政策などを担当。2009年、郵便不正事件で逮捕。10年、無罪が確定し、復職。13年、厚労事務次官。15年、退官。困難を抱える若い女性を支える「若草プロジェクト」呼びかけ人。累犯障害者を支援する「共生社会を創る愛の基金」顧問。伊藤忠商事社外取締役。津田塾大学客員教授。著書に、『あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ』(日経BP社)、『日本型組織の病を考える』(角川新書)などがある。

講演テーマ

「日本型組織の問題点」
「女性が活躍する組織・社会をどうつくるか」
「働き方改革」
「郵便不正事件から学んだこと―刑事司法と日本社会のありかた」
「若草プロジェクトについて」
「障害のある人の『働く』を考える」
「子ども・子育て支援を考える」 ほか

KADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちらKADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちら

新着記事

  • セミナーレポート

    稼げるだけじゃない! 幸せになれる「一人社長」のブランディング術とは?

  • セミナーレポート

    ストレスなしで年収2000万円!? 「一人社長」の賢く豊かな人生のつくりかたを公開!

  • セミナーレポート

    ビジネスパーソンの「優秀さ」って何? 自分をアップデートする技術

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出合えないビジネスセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る