三井 康浩みつい やすひろ

野球解説者/野球指導者/元巨人軍
三井 康浩
1961年、島根県生まれ。出雲西高校時代に強打で鳴らし、1978年のドラフト外で読売巨人軍に入団。同期には、江川卓氏や鹿取義隆氏らがいる。腎臓疾患を患い、1984年に現役を引退。

引退後は、二軍マネージャーを経て、スコアラー、査定室長、統括ディレクター、編成本部参与などを歴任。入団から2018年の退団まで、40年間にわたり巨人軍を支え続けた。

2009年のWBC第2回大会(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本代表チームのチーフスコアラーという大役を務め、世界一に大きく貢献。22年間に及ぶスコアラー人生の集大成となった。その活躍から、「伝説のスコラー」と呼ばれる。

<主なテレビ・ラジオ出演>
◆NHK BS1「レジェンドの目撃者」 ◆TBSテレビ「バース・デイ」 ◆ドワンゴ「にこにこ生放送」 ◆ぶんか放送「スポーツDASH NEXT」「くにまるジャパン 極」 ◆TBSラジオ「伊集院光とらじおと」 ◆ニッポン放送「クリープハイプ尾崎世界観の野球100%」「ショウアップナイター」 他多数

講演テーマ

誰でも簡単にできる「スコアブックのつけ方」
プロ野球スコアラーだけが知っている「スコアブック術」
勝てるチームに近づくための「野球データ分析テクニック」
元プロ野球編成が教える「チームづくり」と「チームマネジメント」
巨人軍歴代監督たちに見る「勝てる組織論」
一流選手たちが教えてくれた「信念」と「習慣」、そして「極意」
WBCから紐解く「短期決戦で勝つ極意」
子どもの個性を最大限に生かすバッティング教室 他多数

講演ジャンル

スポーツコーチング勝負論

講演・研修実績

野球関連セミナー

新着記事

  • トークイベント

    Twitterで話題、考えるOLの「がんばらないことをがんばる」日々

  • 文豪

    【TikTok KADOKAWA大学通信】最も「人間失格」なのは太宰!? 文豪の知られざるプチ事件簿

  • 著者養成ゼミ

    ベストセラー作家が出版への心得を熱弁「寝食を忘れて没頭できるほどの強い気持ち」

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る