コーチングの講師一覧

「コーチング」に強い講師の一覧です。講演テーマや講演の特徴を紹介していますのでより目的にあった講師を探しましょう。

1-15/16件中
  • 石井 克昇いしい かつのり

    石井堂クリニカルオフィス・石井堂街の接骨院代表/柔道整復師/ICC国際コーチング連盟認定コーチ/アクティベータ・ネットワーク・ジャパン上級認定/集客コンサルタント
    石井 克昇
    石井堂クリニカルオフィス・石井堂街の接骨院代表。柔道整復師。ICC国際コーチング連盟認定コーチ。アクティベータ・ネットワーク・ジャパン上級認定。米国やカナダで信頼を得ている施術法「アクティベータ・メソッド」を駆使した治療を行う。2012年、石井堂街の接骨院を開業。脳の記憶と条件付けが及ぼす心身の不調へのケアを専門とする。神経学、東洋医学、心理学、コーチング、脳の誤作動記憶の調整法(心身条件反射療法)を学び、不調な心身を健康へと導くセルフケア「脳バランス体操」を開発。治療院には一流アスリートやアーティスト、モデルなど多くの著名人も訪れる。
    • コーチング
    • 顧客満足
    • 経営
  • 井上 裕之いのうえ ひろゆき

    歯学博士/経営学博士/コーチ/セラピスト/経営コンサルタント
    井上 裕之
    1963年、北海道生まれ。東京歯科大学大学院修了。歯科医師として世界レベルの治療を提供するために、ニューヨーク大学をはじめ海外で技術を取得。6万人以上のカウンセリング経験を活かした、患者との細やかな対話を重視する治療方針は国内外で広く支持されている。また、医療分野の他にも世界中の様々な自己啓発、経営プログラムなどを学び続ける。現在はセミナー講師としても全国を飛び回り、1000名の講演を成功させるなど、会場は常に満員の盛況。著者としても、デビュー作『自分で奇跡を起こす方法』(フォレスト出版)で大ブレークし、PHP文庫の「1%シリーズ」や『「学び」を「お金」に変える技術』(かんき出版)など、10万部超のベストセラーを数多く生み出している。著書累計は130万部を突破。医療法人社団いのうえ歯科医院理事長。島根大学医学部臨床教授、東京医科歯科大学非常勤講師・東京歯科大学非常勤講師、北海道医療大学非常勤講師、ブカレスト大学医学部客員講師、インディアナ大学歯学部客員講師、ニューヨーク大学歯学部インプラントプログラムリーダー、ICOI国際インプラント学会Diplomate、日本コンサルタント協会認定パートナーコンサルタント。
    • コーチング
    • 自己実現
    • 医学
  • 伊庭 正康いば まさやす

    株式会社らしさラボ 代表取締役
    元リクルート関連会社 代表
    伊庭 正康
    草食系と言われる若手の「主体性を高める」専門家。楽しく学べる参加型のスタイルが特徴。1991年リクルートグループ入社(求人情報事業)。営業職としては致命的な人見知りを4万件を超える訪問活動を通して克服。その後は、リクルート社においてプレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞、また40回以上の社内表彰を受け、営業部長、(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。リクルート流の「圧倒的な当事者意識」を持つ組織作り、営業育成法を会得。2011年、研修会社(株)らしさラボを設立。リクルートで学んだ「圧倒的な当事者意識」を持つことの大切さを説くべく、リーディングカンパニーを中心に年間200回を超えるセッションを実施し、(営業研修、営業リーダー研修、コーチング、講演)、リピート率は9割を超える。その活動は、日本経済新聞、日経ビジネス、など多数のメディアでも紹介される。
    • 営業力
    • メンタルヘルス
    • リーダーシップ
  • 内田和俊うちだ かずとし

    人材育成コンサルタント、ビジネスコーチ、カウンセラー
    内田和俊
    1968年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。人材育成コンサルタント。1994年~2002年、大学受験専門の英語塾を経営。教科指導のみならず、効果的な勉強方法やモチベーションアップの方法を指導。その中で、心理学やコーチングを学び、カウンセリング事業を始める。その後、そのメソッドを社会人向けに展開し、人材育成コンサルタントして、主に大手企業を対象とした社員研修やコンサルティングを実施。
    また、ビジネスコーチ・カウンセラーとして、経営者、ビジネスパーソン、政治家、医師、弁護士、小説家、スポーツ選手、タレント、僧侶など多岐にわたるクライアントに対し、コーチングやカウンセリングを行っている。
    1年間で約1万人に集合研修、500人に個人セッションを実施。
    著書多数。
    • コーチング
    • 人材育成
    • メンタルヘルス
  • うぷあざ棟梁うぷあざとうりょう

    ダンボールアーティスト
    うぷあざ棟梁
    3歳頃からダンボール工作に目覚める。20歳に「うぷあざ棟梁」名義で、ニコニコ動画で自身の作品を初投稿。「うぷあざ」とは沖縄の方言で「長男」を指す。投稿第3作目となる「松本城」では、10万再生を超え(俗に「殿堂入り」という)、地域情報配信サービス「松本経済新聞」でも取り上げられた。2019年には「BEA(フランス航空事故調査局)」の本拠地を制作したところ、当局に認定され寄贈。2019年度の年次報告書でも作品が掲載されている。
    • 教育
    • コーチング
    • コミュニケーション
  • 大塚 友広おおつか ともひろ

    実業家
    ゴルフコーチ
    大塚 友広
    群馬県出身。世界遺産富岡製糸場の世界遺産プロジェクトによる公募で観光マネージャーに就任。その後、izuru株式会社を設立し代表取締役就任。地域の特性を生かした飲食店プロデュースや商店街活性化プロジェクト、正装としての白衣プロジェクトなどに関わる。現在は、マーケティングロボティクス社取締役COOを経て株式会社ラフール執行役員CMOを務める。28歳のとき、世界遺産プロジェクトに関わっていた際にゴルフを始め、今までのゴルフ理論に疑問を抱き、独自の理論で1年で70台前半のスコアに到達する。型にはめがちであった今までのゴルフ理論ではなく、自身の体に合ったスイング構築を行う独自の理論を書籍化、5万部を突破するベストセラーとなる。翌年発行した続編も3万部を記録。
    • コーチング
    • スポーツ
    • マーケティング
  • 大平 信孝おおひら のぶたか

    メンタルコーチ
    目標実現の専門家
    株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役
    大平 信孝
    中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万2000人以上のリーダーのセルフマネジメント・キャリア構築・部下育成に関する悩みを解決してきたほか、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、上場企業経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、日経新聞・日経ウーマン・プレジデント・THE21など各種メディアからの依頼が続出している。すぐに実践できるシンプルメソッドと評判。
    現在は、経営者・ビジネスリーダー向けにキャリア構築、人材育成、目標実現の方法を中心としたエグゼクティブコーチング・コンサルティング活動を行なっている。法人向けには「管理職向け定期面談マスター講座」「経営者のための実践コーチングマスター講座」「ぶっとんだ目標設定講座」などを提供。
    これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40 以上の業種にわたる。8冊の著作累計発行部数は、18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。
    • リーダーシップ
    • コーチング
    • 人材育成
  • 菊池洋匡きくち ひろただ

    中学受験専門塾「伸学会」代表
    菊池洋匡
    1981年、東京都生まれ。小学生時代に「算数オリンピック銀メダリスト」になる。開成中学・高校卒。慶應大学法学部卒。東京都の自由が丘、目黒、中野で中学受験専門塾「伸学会」を運営する。開塾4年足らずで生徒数は300名を超え、全学年が満席状態。心理学や脳科学の裏付けに基づく教育法は、多くの子どもに再現可能で注目が集まっている。
    中学受験専門塾「伸学会」 http://www.singakukai.com/
    • 教育
    • 人材育成
    • コーチング
  • 小谷 究こたに きわむ

    流通経済大学・准教授
    小谷 究
    1980年、石川県生まれ。日本体育大学体育学部体育学科卒業。日本体育大学大学院博士後期課程を経て博士(体育科学)。流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科准教授としてコーチング学の授業を担当するとともに、流通経済大学バスケットボール部ヘッドコーチとしてチームの指揮をとる。また、日本バスケットボール学会では理事、日本バスケットボール殿堂『Japan Basketball Hall of Fame』では事務局を務める。専門はバスケットボールの戦術研究。
    • 自己啓発
    • 教育
    • スピーチ
  • 佐久間 馨さくま かおる

    有限会社ゴルフ科学研究所代表取締役
    一般社団法人Sメソッドゴルフ普及協会名誉顧問
    特定非営利活動法人日本障がい者ゴルフ協会理事
    佐久間 馨
    1955年生まれ。有限会社ゴルフ科学研究所代表取締役、一般社団法人Sメソッドゴルフ普及協会名誉顧問、特定非営利活動法人日本障がい者ゴルフ協会理事、スカイパーフェクトTV 「ゴルフネットワーク100切り選手権」指南役。学生時代に宇宙工学を専攻。機械メーカーのエンジニアとして21年間勤務した後、ゴルフ科学研究所を設立。アマチュア時代に競技で培った自らの経験から、誰でもパープレーができる合理的なスウィング(Sスウィング)を開発。またプレー中に最高の精神状態が生み出せる自己対話法を神経言語プログラミング(NLP)と融合させて「Sメソッドゴルフ」を確立した。ゴルフだけでなく、メジャーリーガーのメンタルコーチを務めるとともに、言葉の使い方を中心に「自己肯定感を上げる方法」や「感情をコントロールする方法」をテーマにセミナーや企業向けに講演を行うなど幅広く活動している。2010年ゴルフダイジェストアワード「レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞。
    • スポーツ
    • コミュニケーション
    • 自己実現
  • ずんずんずんずん

    著述家
    キャリア&人間関係コーチ
    ずんずん
    元プロ外資系OL。著述家、キャリア&人間関係コーチ。大学卒業後、埼玉県にある日系事業会社に就職。激務の果てに「死ぬ前に丸の内OLになりたい」と転職活動を開始、ラッキーパンチで外資系投資銀行に採用される。
    その後「わい海外で働きたいねん」とカッとなり、シンガポールでグローバルIT企業の日本とアジア財務担当者として勤務し、数々のグローバルエリートと共に働く。在職中より、ブログや書籍の執筆、東洋経済オンラインやダイヤモンドオンライン等に記事を連載。その傍らコーチングを学び、現在は日本においてキャリア&人間関係についてのコーチとして1000人以上のビジネスパーソンに対して、恐怖を乗り越え行動する勇気をあたえるコーチングを行っている。
    • コーチング
    • キャリア開発
    • 仕事術
  • 髙橋 雄介たかはし ゆうすけ

    中央大学理工学部教授
    中央大学水泳部監督
    髙橋 雄介
    1962年生まれ、東京都出身。現役時代はバタフライの選手として活躍。1986~91年の5年間、アメリカのアラバマ州立大学に留学。トップコーチとして名高いダン・ギャンブリン、ジョンティ・スキナー両氏から世界最新の科学的トレーニングを学ぶ。帰国後、中央大学水泳部コーチに就任。監督に就任後、前人未踏の11連覇を含むインカレ優勝15回。田中雅美や中村真衣、塩浦慎理ら日本新記録樹立者、オリンピック・メダリストなど、世界に通用するトップ選手を多数育成、日本オリンピック委員会強化スタッフも務める。さらに、つねに最先端をいく独自の水泳理論をベースに、老若男女問わず一般水泳愛好者に向けたプライベートレッスンなどを通じて、水泳の楽しさを広める活動も精力的に行っている。選手たちの持てる力を最大限に引き出すオリジナリティ豊かなコーチングには定評があり、水泳指導のみならず、経営者や指導者らに向けたビジネスコーチング、モチベーションアップの方法といったテーマの講演も行う。大学の講義も学生からの人気が高いことで有名。
    • スポーツ
    • コミュニケーション
    • コーチング
  • 船登惟希ふなとよしあき

    参考書作家
    松濤舎代表
    船登惟希
    1987年新潟県佐渡島生まれ。2006年東京大学理科Ⅱ類に独学で現役合格。東京大学理学部化学科卒業。株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に新卒入社した後、医学部専門予備校を創業して独立。2018年には問題演習を中心とした指導を行う松濤舎を設立。難関大学合格者の多くが行う「問題演習中心の学習」を独自に体系化し、毎年多くの難関大合格者を輩出している。

    東京大学在籍中から参考書の執筆を行い、現在20冊以上の書籍を出版。著書に『宇宙一わかりやすい高校』シリーズ、『高校の勉強のトリセツ』(学研プラス)、『高校一冊の目参考書』シリーズ(KADOKAWA)など多数
    • 勉強法
    • マネジメント
    • 文章力
  • 松永 暢史まつなが のぶふみ

    教育アドバイザー
    松永 暢史
    1957年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。教育環境コンサルタント。「受験のプロ」として音読法や作文法、サイコロ学習法などを開発し、執筆や講演などで活躍。教育や学習の悩みに応えるV-net教育相談所主宰。
    • 教育
    • 子育て
    • コーチング
  • 三井 康浩みつい やすひろ

    野球解説者/野球指導者/元巨人軍
    三井 康浩
    1961年、島根県生まれ。出雲西高校時代に強打で鳴らし、1978年のドラフト外で読売巨人軍に入団。同期には、江川卓氏や鹿取義隆氏らがいる。腎臓疾患を患い、1984年に現役を引退。

    引退後は、二軍マネージャーを経て、スコアラー、査定室長、統括ディレクター、編成本部参与などを歴任。入団から2018年の退団まで、40年間にわたり巨人軍を支え続けた。

    2009年のWBC第2回大会(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本代表チームのチーフスコアラーという大役を務め、世界一に大きく貢献。22年間に及ぶスコアラー人生の集大成となった。その活躍から、「伝説のスコラー」と呼ばれる。

    <主なテレビ・ラジオ出演>
    ◆NHK BS1「レジェンドの目撃者」 ◆TBSテレビ「バース・デイ」 ◆ドワンゴ「にこにこ生放送」 ◆ぶんか放送「スポーツDASH NEXT」「くにまるジャパン 極」 ◆TBSラジオ「伊集院光とらじおと」 ◆ニッポン放送「クリープハイプ尾崎世界観の野球100%」「ショウアップナイター」 他多数
    • スポーツ
    • コーチング
    • 勝負論

新着記事

  • FXセミナー

    FXトレーダーが語る短期トレード術「ローソク足を重視しない」

  • 望月衣塑子

    映画『新聞記者』望月氏がフォトジャーナリスト安田氏と対談「メディアにも問題ある」

  • 作家デビュー

    ベストセラー作家が明かす作家デビューの鍵「文章を書く前に企画書を磨け」

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る