リスクマネジメントの講師一覧

「リスクマネジメント」に強い講師の一覧です。講演テーマや講演の特徴を紹介していますのでより目的にあった講師を探しましょう。

1-9/9件中
  • 青木 豊あおきゆたか

    一般財団法人自然環境研究センター
    第一研究部鳥獣被害防止室 主席研究員 群馬事務所所長
    兼 株式会社WSaT(ダブルサット)取締役
    青木 豊
    1962年生まれ。群馬県出身。狩猟家。環境省鳥獣保護管理捕獲コーディネーター、環境省鳥獣保護管理プランナー、農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー、公安委員会指定射撃指導員(ライフル銃・散弾銃・空気銃)、夜間銃猟をする捕獲従事者に関する射撃技能証明証取得者。幼い頃から父親の狩猟に同行し、成人後、狩猟の世界へ。教師として高校生を指導する一方で、現在の野生鳥獣による農林水産業被害対策に早くから取り組み、45歳の時に転職し、専門的捕獲従事者となる。わなの自動通報システムや認定鳥獣捕獲等事業者制度、夜間銃猟などの基礎を作り上げてきた。主な成果としては、小笠原世界自然遺産登録に際し、ノヤギの根絶作業に従事した他、伊豆大島におけるキョン防除事業や各地のシカやイノシシ対策に取り組んでいる。野生鳥獣による農林水産業への被害対策を、危機管理ととらえ、地域ぐるみの対策や人材育成など幅広く活動している。クレー射撃の現役選手として国民体育大会や全日本選手権に出場するとともに、後継者の育成にも力を入れている。下記の著書のほか、「カクヨム」にてオリジナル小説『新たな狩猟者像 ~サーパスハンターを目指して~』を連載。
    • 鳥獣対策
    • 射撃
    • 野生動物
  • 石田 淳いしだ じゅん

    社団法人行動科学マネジメント研究所所長
    株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長 兼 最高経営責任者
    石田 淳
    米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。 その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月にサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月には南極100kmマラソン&南極トライアスロンに挑戦、ともに完走を果たす。米国行動分析学会ABAI会員、日本行動分析学会会員、社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事、日本ペンクラブ会員、日経BP主催「課長塾」講師。
    • マネジメント
    • リスクマネジメント
    • 経営
  • 荻田 泰永おぎた やすなが

    北極冒険家
    荻田 泰永
    カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。
    2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド〜グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。2018年1月5日(現地時間)、南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)。2018年2月「2017植村直己冒険賞」受賞
    TBS「クレイジージャーニー」NHK「ニュースウォッチ9」WOWOW「ノンフィクションW」などで特集番組多数。ラジオ、雑誌、新聞など各メディアでも多く紹介される。
    日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。北極で学んだ経験を旅を通して子供達に伝えている。
    海洋研究開発機構、国立極地研究所、大学等の研究者とも交流を持ち、共同研究も実施。北極にまつわる多方面で活動。
    • 生き方
    • リスクマネジメント
    • 教養
  • 竹中 功たけなか いさお

    謝罪マスター
    危機管理コンサルタント
    広報マスター
    竹中 功
    1959年大阪市生まれ、同志社大学法学部法律学科卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。ワタナベエンターテインメント広報顧問、株式会社フェザンレーヴ取締役社長。大学卒業後、吉本興業株式会社入社、宣伝広報室を設立。『マンスリーよしもと』初代編集長。よしもとNSCを開校。心斎橋筋2丁目劇場、なんばグランド花月、渋谷∞(無限大)ホールなど多数の劇場を立ち上げる。沖縄映画「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」、香港映画「無問題」「無問題2」など映画を製作。「あなたの町に住みますプロジェクト」では東北六県を担当し、仙台、会津若松など多拠点居住しながら地方創生に動く。よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て2015年退社。現在は作家として謝罪関連から、広報、コミュニケーションの専門家としての出版も多数。講演会やセミナーを通してビジネス人材の育成や危機管理、広報、メディアリレーションなどに関するコンサルタント活動を行う。また2014年より法務省からの求めに応じ、刑務所での釈放前改善指導を行うなど、その活動は多岐にわたっている。
    • リスクマネジメント
    • マーケティング
    • コミュニケーション
  • たぱぞうたぱぞう

    資産管理会社経営
    投資顧問会社アドバイザー
    たぱぞう
    2000年より投資を始める。2010年以降、米国株投資を中心に行う。2016年自らの投資観をブログにて書き始める。現在平均月間100万PV、海外投資に特化したブログとしては出色のPVを誇る。2017年より、某投資顧問業にてアドバイザーを務める。この間、日経マネー、日経ヴェリタス、ダイヤモンドZAI、ITmediaなどのメディアに複数回取り上げられる。「誰でもできる投資術」「誰でもわかる海外投資」をモットーに執筆中。「米国株を語る会」を開き、投資について語り合う場づくりをしている。
    blog:たぱぞうの米国株投資https://www.americakabu.com/
    • 投資
    • 国際情勢
    • 経済
  • 武者 陵司むしゃ りょうじ

    株式会社 武者リサーチ 代表
    ドイツ証券株式会社 アドバイザー
    武者 陵司
    横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。1988年大和総研アメリカでチーフアナリストとして米国のマクロ・ミクロ市場を調査。1997年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト2005年ドイツ証券副会長を経て、2009年 株式会社武者リサーチを設立。日経電子版(カリスマの直言)、WILL、Voice、日経産業新聞(眼光紙背)、四国新聞社、月刊資本市場、投資経済等の紙誌にレポートやコラムを寄稿。テレビ朝日、BS11、日経CNBC、BS東京モーニングプラス、BSフジプライムニュース、ストックボイス、日経ラジオ、文化放送等にコメンテーターとして出演。
    • 経済
    • 国際情勢
    • 投資
  • 矢次 信一郎やじ しんいちろう

    株式会社キングジム
    ファイリング研究室 コンサルタント
    矢次 信一郎
    1963年生まれ。1986年キングジム入社。オフィス向けファイル用品の商品開発、販売本部、経営企画室を経て、2003年より、オフィスの環境改善、情報セキュリティ対策などに役立つ「ファイリングシステム」の導入・構築を支援する「キングジム ファイリング研究室」にてコンサルティングを実践している。
    • ライフハック
    • 仕事術
    • リスクマネジメント
  • 山田邦明やまだくにあき

    しろしinc.CEO
    しろし法律事務所 代表弁護士
    山田邦明
    岡山県津山市出身。 京都大学法科大学院を卒業後、スタートアップ向け法律事務所で弁護士として活動。知的財産や資金調達に関する契約業務などに従事。 株式会社アカツキでは、初期から業務に従事し、管理部門の立ち上げ、IPO業務の主担当として、上場に貢献。
    自身が「創作」に救われたことから、クリエイターのパートナー事業を行う『しろしinc.』『しろし法律事務所』を設立。"生まれるはずの「もう1作品」を創る。"をミッションに、情報で、体制で、企画でクリエイターさんと一緒に作品を創っています。
    • クリエイティブ
    • 知的財産
    • 法律
  • 山本雅史やまもとまさし

    MASAコンサルティング・コミュニケーションズ株式会社 代表
    山本雅史
    1982年、㈱本田技術研究所に入社。和光研究所にて四輪デザイン開発部門で管理職・マネージメント業務を経験し、その後栃木研究所技術広報室長を経て、2016年から本田技研工業㈱モータースポーツ部の部長などの管理職を歴任し、2019年よりHonda F1専任としてマネージングディレクターに就任。2021年、Red Bull Racing Hondaのドライバーズ・チャンピオン獲得に貢献した。2022年1月、本田技研工業㈱を退社して独立。日本のモータースポーツ・コンサルタント会社としてMASAコンサルティング・コミュニケーションズを設立。現在はRed Bull Racingの子会社でRed Bull Powertrainsとコンサルティング業務契約を結び、アドバイザーとしてF1に参画。一方、国内レースでは全日本スーパーフォーミュラ選手権でTEAM GOHの監督として若手ドライバーの育成もサポート。講演・セミナー活動なども行なっている。
    • 勝負論
    • 自己実現
    • 生き方

新着記事

  • 英会話コラム

    【短い英語 講座】旅先での「入国カード」の尋ね方

  • 生きるヒント

    【神さまの豆知識】恋人を受け止める「包容力」を願うならこの女神

  • 新刊紹介

    小さなチャンスを大きく活かす!確実に身につけておきたい“新・営業力”

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る